スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエル・クレイグがデザインした「iPhone 5c」用ケース「Whatever It Takes iPhone 5c用プレミアムジェルケース」9/20発売に 

チャリティブランド「Whatever It Takes」より9/20に発売となる「iPhone 5c」用ケース「Whatever It Takes iPhone 5c用プレミアムジェルケース」に、ダニエル・クレイグがデザインしたケースが含まれているとのこと。

ASCII:ColdplayやGreen Dayデザインの「iPhone 5c」ケース

プリンストンテクノロジーは9月11日、「iPhone 5c」用ケース「Whatever It Takes iPhone 5c用プレミアムジェルケース」を発表した。価格はいずれもオープンで、実売予想価格は1980円だ。9月20日の発売を予定している。

 「Whatever It Takes」は、慈善団体「21stCenturyLeaders」が立ち上げたチャリティーブランド。映画、テレビ、音楽、スポーツ各界の著名人が寄与したデザインを採用し、収益の一部を各団体・プロジェクトに寄付しているという。

 今回発売するのは、ColdplayやGreen Dayといった音楽グループ、Charlize Theron氏、Daniel Craig氏といった俳優によるデザインをあしらった計8製品。


↓これがダニエルのデザインしたケースだそうです。
iPhonecase_danielcraig.jpg


アマゾンで予約受付中。

[Amazon.co.jp]Whatever It Takes iPhone 5C用プレミアムジェルシェルケース Daniel Craig WIT-I5C-GDC01

アスキー、デザインした人間とケースの紐付間違えてるぞ(--; ※この記事を書いた時点。

スポンサーサイト

[Betrayal]舞台「Betrayal」に関するダニエル・クレイグのインタビュー。「Bond24」には”Old irony"が欲しいとも 

しばらくあまりメディアには出ていませんでしたが(1ヶ月に1本くらいで記事が載ってました)、今秋ブロードウェイで上演されるお芝居「Betrayal」のリハーサルは順調に進んでいるようです。

ダニエル・クレイグのインタビューがVultureにupされました。

Vulture:Rachel Weisz and Daniel Craig on Getting Entangled in Betrayal

レイチェル・ワイズとダニエル・クレイグは実生活でも夫婦ではありますが、「僕らはプロとして仕事をしているんだ!」とダニエルが強調しています。
ダニエルがインタビューを受けた部屋に、レイチェルの気配はなかった様子。(インタビュー自体、レイチェルはダウンタウン西のパン屋さんにいて、ダニエルはダウンタウン東のホテルにいたそうで)

「2人で一緒にインタビュー?おかしいでしょ?」
と、レイチェルに突撃してみたジャーナリストはバッサリ斬られた様子w

夫婦ではあるけど、自分達のプライベートは自分達のもので、首ツッコまれたくない!とダニエルは断言。
そりゃそーでしょうね。
共演者が妻/夫ではあるものの、舞台上ではプロの俳優としてその役を演じるわけで。寧ろ、実夫婦であるがゆえにそういう<カップル>として取りあげたがるメディアの動きにウンザリしている気配がありあり。

「僕はインタビューの態度が悪いと言われてるけど、態度が悪いのはジャーナリストがバカげた質問をしてきた時だけだ」と最初に言ったダニエル(爆)
時々、「ダニエルは気難しいと言われるが今回のインタビューでは終始笑顔だった」みたいなことを書かれていますけれど、つまりアホな質問をしてくるインタビュアーにはまともに取り合う気にはなれないし、ゴシップネタばかりじゃなくて仕事についてプロとしての態度を取れるインタビュアーには真面目に応えると。

別におかしくもなんともない姿勢だと思います。
CRバッシング時のあれこれやゲイネタあれこれやで最初に「気難しく態度の悪い俳優」レッテルを貼られてしまったのがまだ尾を引いているのでしょうか。
少なからず、ボンドを離れるとカワイイもじもじ君ですよ、ダニエルって(爆)

インタビューは、「Betrayal」劇作家ハロルド・ピンターのことや、リハーサルのことなどについて、出演者3人の話が出てきます。この辺はピンターに詳しい方だと面白いかも。記事は結構長いのでお時間のある時にどうぞ。

最後に「Bond24」についての話がちろっと出たようで、ダニエルはこんなことを言ってます。

“Hopefully we’ll reclaim some of the old irony,” he says, “and make sure it doesn’t become pastiche. I can’t do shtick, I’m not very good at it. Unless it kind of suddenly makes sense. Does that make sense? I sometimes wish I hammed it up more, but I just can’t do it very well, so I don’t do it.”

ダニエルに半端なギャグをやらせるのは難しいと思います、はい。
SNLの悲惨だったことを考えれば…(爆)

サム・メンデス監督がそんな無意味なことをさせるとは思わないので、いかにも過ぎて滑りまくるようなギャグではなく、ダニエルが納得するような気の利いたものが披露されるのをろくろ首で待ちたいと思います♪

舞台「Betrayal」を14週間演じた後、2014年に入ってから「Bond24」の撮影開始の予定!

WOWOWで7/13(土)放送!「エヴリシング・オア・ナッシング:知られざる007誕生の物語」その後「007 Skyfall/スカイフォール」 

今月号のWOWOW月刊誌の表紙を、ダニエル・クレイグ as ジェームズ・ボンド@Skyfallがドーンと飾っています。

そう。
明日7/13(土)の21時から、「007 スカイフォール」がWOWOWシネマで放送!

そして、その前に、東京国際映画祭で上映され、チケットほぼ瞬殺だった「エヴリシング・オア・ナッシング:知られざる007誕生の物語」がWOWOWで初放送に!

WOWOW:エヴリシング・オア・ナッシング:知られざる007誕生の物語

世界的ヒット映画“007”シリーズ。その誕生や製作の舞台裏では何が起きていたのか。関係者の証言や貴重な映像・写真を使って知られざる真実を明かすドキュメンタリー。

1962年の「007/ドクター・ノオ」に始まり、2012年の「007/スカイフォール」で50周年を迎えた“007”シリーズ。原作者I・フレミングはどうやってスパイヒーローのジェームズ・ボンドを生み出したか、プロデューサー陣はどんな苦労をしながらシリーズを継続していったかなどの真実を、門外不出のホームムービーなどを含む貴重な写真・映像(日本ロケした「007は二度死ぬ」の記録も)や関係者の証言によって浮かび上がらせた映画ファン必見のドキュメンタリー。WOWOWの放送が日本初公開。


マニア向けの内容なので、ダニエル~☆とか言ってきゃいきゃい観るレベルではないとの噂(^_^;

7/13(土)よる7:15
8/3(土)午前8:45


そして、WOWOWさんでは「スカイフォールグッズ詰め合わせプレゼント」がもらえるクイズキャンペーンも実施中。

【映画クイズキャンペーン】「007 スカイフォール」クイズに答えてプレゼントをゲットしよう!※7月号掲載

James Bond: 50 Years of Movie Poster と007 50周年記念トランプ限定版 のセット

さらに!全部で4回実施される、映画クイズキャンペーン全てに参加すると、
「全問参加賞」として抽選で100名様に「WOWOWオリジナルタンブラー」が当たります!

<全問参加賞>
WOWOWオリジナルタンブラー 100名様



ダニエル・クレイグ表紙&インタビュー音声収録「ENGLISH JOURNAL 2013年 05月号」、舞台「Betrayal」近況 

やっと日本でも「007 Skyfall/スカイフォール」のDVD/BDが発売になりました☆

発売日当日は、AmazonではDVD+BDもBDスチール缶も3枚組も揃って「現在在庫なし」の表記でした。今はとりあえずBD+DVDは在庫が復活した様子。
今週末、「スカイフォール祭り」があちこちで開かれそうですねvv

このタイミングを逃すなとばかりに(?)、英語雑誌「English Journal」5月号(4/6発売)が、ダニエル・クレイグ特集です。
ダニエルが表紙を飾ってます。って、これ、最近の撮り下ろしじゃなくて古い写真のような気がしますが…

[Amazon.co.jp]ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2013年 05月号

◆The Voice of EJ(インタビューのスクリプト&CD ※雑誌に付属)
EJ Interview Vol. 1 ダニエル・クレイグ(俳優)
「007」シリーズ生誕50周年記念作『007/スカイフォール』。6代目ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグが、EJ Interviewに登場します。
映画の内容にも積極的に案を出したというクレイグ。3作目となるボンド役と50周年へのプレッシャー、ボンドの変化、そして、前作に続きトム・フォードが
デザインしたスーツへの思いなどを語ります。

Amazon.co.jp商品ページより


ダニエルのもごもごインタビュー(ごめんダニエル、しかし君はそれほどクリアに話さん!)が聴けます☆


Bond24が2014年になるらしいとプロダクションが話、ブロッコリー女史がまだサム・メンデス監督を諦めていないことまではブログにも書きましたが、当のダニエルはと言うと、今秋妻のレイチェル・ワイズと共にブロードウェイの舞台に立つ予定。作品はピンターの「Betrayal」。3人芝居です。

親友と妻の不倫を知りながら、自分も浮気しつつ結婚関係を継続させている旦那をダニエルが、妻をレイチェルが。そしてもう1人親友を誰が演じるんだ?となっていまして、今現在は「ライフ・オブ・パイ」にも出ているRafe Spallに白羽の矢が立っています。

芝居に詳しい知り合い曰く、「Rafeは年が若いから、親友って設定に無理があるんじゃ?」と。

うーん、たしかに。3人並ぶとやっぱりお肌のツルツル感が違うんですよねぇ…。いえ、ダニエルの年季の入った顔、alexは大好きですが(←褒めてます、ファンです)

↓お肌感の違いを見よ(違)
Daily Mail:007's love triangle: Rafe Spall will play 'the other man' opposite real-life married couple Rachel Weisz and Daniel Craig

お芝居は14週間限定、つまり…約3ヶ月半。
リハーサルは8月開始。

お芝居自体はめちゃくちゃ面白いです。あ、ストレートプレイとして面白いです。ミュージカルじゃないですし、3人しか出てこないので、話が分からないと結構つらいかも。
alexが観た「Betrayal」は、ロンドンWest End上演でクリスティン・スコット・トーマスが出ていた舞台なので演出などは多分変わるんだと思います。


[Amazon.co.jp]Betrayal (Pinter, Harold)

なんか非常に…「おろろん…」となる作品でした。(←ボキャ貧ですみません)

しかし夫婦共演だとまーた賑やかになるんだろうなぁ…。ダニエル、こないだプライベートを激写されてまた爆発しかけてたのに。

「ダニエル・クレイグはあと3作のボンド映画に…」ベン・ウィショーのうっかりはどこまでホント?! 

「Bond24」の撮影が10か月後=年末から始まると、公開目前「クラウドアトラス」のプレミアでうっかり口を滑らせたベン・ウィショー。

そ、そーだといいね!そう願おう!

と慌てて付け足したのですが、もうそんなニュースは世界中を駆け巡り(笑)
昨日書き忘れましたが、若造Qのベン・ウィショーは、

「ダニエル・クレイグはこれから3作のボンド作品に出るんだし」

とも言ってしまってます。

Radio Times:Skyfall star Ben Whishaw: Daniel Craig and I "will be back together in about ten months"

あと3作って、嬉しいけどダニエル五十路だぞ…
頑張ればできなくないだろうけど、ごま塩髭がまっちろ髭になるんじゃ…

ボンドなダニエルは観たい。
でも、あんまりこれ以上身体を酷使させたくはない。

むーん…ジレンマ。

ベン・ウィショーって、pumpしたらぽろぽろ出てきそうですね(爆)
オッカサンなMがいたら「Then, pump him」とか言うんだろうな(Tomorrow never dies)
あのシーンのブロスナン・ボンドの反応が大好きでしたwww

[DVD]007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX、到着 

20世紀FOXから出ている、「007 製作50周年記念版ブルーレイBOX」が届きました。ボンドは最新作が出る度にそれまでの作品を全部詰め込んだBOXを出してますが、今回は50周年&BDの普及に乗っかって、ブルーレイ総まとめBOXで登場です。


[Amazon.co.jp]007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX(007製作50周年記念キーチェーン付) 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

ちなみに今の配給はソニピクだけど、50周年記念のBlu-Rayは20世紀FOX。

で、折角ですので昨日から我が家にいらっさって、「どこに置くんだよ、どこにっ!」とalexを悩ませているこの記念版BD-BOXの詳細をレポってみたいと思います。

天井の照明がガンガンに反射して、ひっじょーに見づらい素人写真ですびばぜん。
豪華な分だけお値段も張るので、せめて中身がどんなもんか分かってから財布にお伺いを立てたい方もいらっさるかもしれませんので、ちょっとでも参考になれば…。alexの素直な感想付で申し訳ありませんが^^;

007 製作50周年記念版ブルーレイBOX:詳細
この箱は輸送用だぜ、破損しても返品しねーぞ。って、わざわざ書かなきゃいけないほど、「神経質」なファンが溢れているのかと思うと、お客様対応部署にお菓子の一箱でも差し入れたくなりますねぇ。

007 製作50周年記念版ブルーレイBOX:詳細
テープを切ってパカッ。「先着予約購入者特典 007製作50周年記念キーチェーン(非売品)」がひっそりいらっさいます。

007 製作50周年記念版ブルーレイBOX:詳細
これ+キーホルダーが、中身の全部。上2つはDVD23枚、下は「豪華ブックレット収納BOX」。

>>「[DVD]007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX、到着」 の続きを読む

[雑誌][Bond23]やっとAmazonで予約受付開始「Vanity Fair」&「GQ UK」2012年11月号! 

既に紀伊國屋Bookwebには出ていましたが、Bookwebよりちょっとお財布に優しいAmazonにて、ダニエル・クレイグが表紙を飾る「Vanity Fair」と「GQ UK」2012年11月号の予約受付が始まっています!


[Amazon.co.jp]Vanity Fair [US] November 2012 (単号)


[Amazon.co.jp]GQ [UK] November 2012 (単号)
ちなみにですね、GQ[UK]にはこの↓注意書きがやっぱりついています。
掲載画像とお届けする商品の表紙が異なる場合があります。ご了承ください。

ボンドは6人いるんだ、誰が到着するかは到着してのお楽しみだからナ!ってことで。
GQ UK 2012年11月号 ジェームズ・ボンド6種類カバー

新宿@東京や梅田@大阪、他…博多、札幌?、紀伊國屋やジュンク堂、丸善、タワーレコードなど洋雑誌を取り扱っている店舗がお近くにある方は、少々重いとは思いますが実店舗で好きなボンドを選ぶ方がフラストレーションに晒されないかもしれません。

ダニエルが欲しかったのに、ふりふりレースのレーゼンビーかっ!レアなやつめっ!とか言わなくて済む可能性大。ちなみに、在英の知り合いに聞いたところ、あちらではダニエル率が非常に高いそうです。ま、そこは現役ボンドですからね(^^;

ちなみに、フランス版GQの10月号もダニエルが表紙です。イタリア版とスペイン版はあるのにフランス版がAmazonにいないのがひっじょーに悲しい。

GQ France 2012Oct ダニエル・クレイグ

GQ France:SA MAJESTÉ DANIEL CRAIG(HER MAJESTY DANIEL CRAIG)
GQ France 2012Oct ダニエル・クレイグ

あーた方…各国で記事内も写真が違うのか?なんてことをしてくれるんだ…がうがうがう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。