スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ゲーム]ダニエル・クレイグの007新ゲーム『007 Blood Stone/ブラッドストーン』日本版が2011年1月に発売! 

ダニエル・クレイグが主人公となるビデオ・ゲーム『007 Blood Stone(007/ブラッドストーン)』。
明日11/02に海外版は発売となるのですが、2か月遅れて、日本版のゲームがスクウェア・エニックスから発売されることが決定しました!!!

▼PS3

[URL]007/ブラッドストーン(PS3)

▼Xbox 360

[URL]007/ブラッドストーン(Xbox 360)

QoSもクリアできてないんですが…alexのお年玉になるか?!

ダニエル・クレイグ 007ゲーム「007/BloodStone(007/ブラッドストーン)

ダニエル・クレイグ 007ゲーム「007/BloodStone(007/ブラッドストーン)

スポンサーサイト

[ゲーム]日本アマゾンで『007 Blood Stone』PS3予約受付中 

いつから日本アマゾンがアジア・北米のPS3ソフトを扱うようになったのか、全然気づきませんでしたが、一向に日本で発売される様子のない007新ゲーム「007 Blood Stone」が日本アマゾンで予約できるようになっていました!
「007 Blood Stone」PS3の発売日は、2010.11.02です。


[URL]James Bond 007: Blood Stone(輸入版:北米・アジア)
[携帯用]

James Bond 007: Blood Stone(輸入版:北米・アジア)

う~ん。Goldeneyeも扱ってほしいな。
ちょっと難しそうなのですが、きっと買ってしまうんだな、alexは(とっととゲームQoSを終わらせろってのに。途中でどーしてもクリアできずにスタック中...)

[ゲーム]007 Blood Stoneの最新コンバット予告編 

11月発売の最新007ゲーム(しかし日本では発売未定!)『007 Blood Stone』の最新予告編が出ました。

コンバット、コンバット、COMBAT!
※動画消滅によりリンク削除

新システムだそうですよ。
ド突き倒している時、スローモーションになりますね~。

はて。QoS@PS3で、どーーーしてもディミトリアスのところにたどり着けないalexが手を出せる内容でしょうか(--;

[ゲーム]2010年11月発売007ゲーム『Goldeneye Bloodstone』に特製のゴールデンコントローラーが 

それもどうよ、と思うのですが、今年11月発売予定の『007 Goldeneye Bloodstone』に金ピカ仕様のゴールデンコントローラーが付くそうです。

イメージか現物かよくわかりませんが、写真はこちら→Much better: $70 GoldenEye controller comes with game
$70だそうですけれどね(^_^;

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドを主人公に据えて刷新されたこの新ゲーム、Wiiなら少しはやりやすいでしょうか。
予告を見る限りでは、ゲーム音痴なalexがまたコントローラーを握り締めたままフリーズしそうな映像ですが・・・(T-T)

[URL]http://www.youtube.com/watch?v=H9vfPiwLXvw

日本でも、発売してくれますよね?!
Bond23がお預けなら、せめてゲームでダニエル・ボンドを見たいです。もうそれで我慢します(ーへー;

[ゲーム]ダニエル・クレイグでリメイクのゲーム『007 Blood Stone』予告編とオープニングクレジット登場 

秋には片付くとの噂もちらほら聞こえる007映画。映画はちょっと置いておいて、ダニエル・クレイグのボンドにてリニューアルされる『007 Goldeneye/ゴールデンアイ』改め『007 Blood Stone』ゲーム(Wii&任天堂DS)。

この『007 Blood Stone』の予告編が初お目見えしました!
IGN:James Bond 007: Blood Stone First Look

※動画消滅によりリンク削除

オープニングクレジット

[URL]http://www.youtube.com/watch?v=oykkoRHOUAc

オープニングはまるで『007 Casino Royale/カジノ・ロワイヤル』(^_^;
トランプの変わりにダイヤモンドが舞ってますか?

予告編は『007 Quantum of Solace/慰めの報酬』。
ダニエル・ボンドにするんだから、最新作2作を、ってことですね。
このゲームには、ダニエル・クレイグとデイム・ジュディ・ディンチが参加しています。
あの、女を色仕掛けで落とすしか脳のない恐竜時代の男、見たいなキョーレツな台詞、ダニエルにはいまいち向かないのでこのゲームではないでしょうかね。

ピアース・ブロスナン&ショーン・ビーンのGoldeneyeが好きな人としては、やっぱり戦車でモスクワ市内走り回ってよ~と思うんですが、それはそれ、これはこれ、なのかもしれません。

オープニングクレジットでですね、ボンドが敵さんの急所を蹴り上げてるように見えるシーンがあるんですが、同じ男の子同士として、痛そうだなとか良心の呵責はないんでしょうか(爆笑)それともalexの目の錯覚?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。