【007/慰めの報酬】ロイヤル・ワールド・プレミア(2008.10.29)にレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

【007 Skyfall/スカイフォール】ロイヤル・ワールド・プレミア(2012.10.23)のレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

月別アーカイブ

 2008年05月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[007/慰めの報酬]MI6ビデオダイアリー6 オルガ・キュリレンコ編 

先日ご紹介したTV3の映像と8割ほど同じですが、MI6のビデオ・ダイアリー6が出たのでご紹介。

ボートアクションシーンの撮影の様子があるので、ネタバレが嫌な方は回れ右でどうぞ。

MI6:Video Diary6

TV3のビデオクリップにあったのとは、ボートが飛ぶ向きが逆でしょうかね(笑)
ダニエルはチラッと出てきます。

スポンサーサイト

[007/慰めの報酬]噂がいっぱい『Quantum of Solace』主題歌。エイミー・ワインハウスがデモを完成? 

『Quantum of Solace(007/慰めの報酬)』の主題歌、まだまだ噂がコロコロ転がってます。

ビヨンセになる?!という話も噂レベルにとどまっているようで・・・
JustJared:Beyonce to Record James Bond Theme

かと思えば、ダニエル・クレイグもラブコールを送っている、UKの問題児歌姫エイミー・ワインハウスがQoS主題歌のデモを完成させていたとのニュースが。
Starpuls.com:Amy Winehouse Confirms 'James Bond' Theme
Barks:エイミー、007のテーマ・ソングをすでに完成?

10月末UK公開ですから、そのうち正式発表が出るものと思われます。
気長に待ちますか・・・・(^_^;;

[007/慰めの報酬]『Quantum of Solace』主題歌、ワインハウスではなくビヨンセに決定?! 

英文のニュースソースがまだ見つからないのでちょっぴり半信半疑ですが、日本語ニュースで『Quantum of Solace(007/慰めの報酬)』の主題歌がビヨンセに決まったと出ました。

notrax: エイミー・ワインハウスに代わりビヨンセが『007』のテーマ曲に抜擢!!

ビヨンセですか。

ビヨンセは制作陣に最近注目を集めるアマンダ・ゴースト(Amanda Ghost)と、『007 ドクター・ノオ』などにも関わってきた大御所ジョン・バリー(John Barry)を迎えてレコーディングを行うとのこと。


だそうです。

ダニエル、残念っ!

[007/慰めの報酬]QoS on-setビデオ。ボンドガール、オルガ・キュリレンコ編 

『Quantum of Solace(007/慰めの報酬)』のメインボンドガール、オルガ・キュリレンコ。激しいアクションのためのトレーニングなど、ハードな日々を送っているようですが、セットでのビデオクリップがTV3に出ました。

TV3:Bond girl gets to grips with new role

メインはオルガ嬢。ボートアクションの撮影シーンがかなり入っていますので、ネタバレは一切イヤだ。な方はスルー推奨。多少のネタバレは仕方ないよね、な方にはお勧めです。

ダニエルはちらっちらっと映っています。プラス、最後の方でオルガに関してダニエルのコメント有。

[雑誌]UK映画雑誌「TOTAL FILM」2008SUMMER号、Qos記事と、マチュー・アマルリック記事掲載! 

「TOTAL FILM」2008 SUMMER号は、<BAD MAN>として、『Quantum of Solace(007/慰めの報酬)』でボンドの敵ドミニク・グリーンを演じるマチュー・アマルリックの記事が出ています☆

お近くに洋雑誌を扱う書店がない方は、オンラインで購入できる紀伊國屋BookWebで取り扱いが始まっています(^^)

「Total Film」2008 SUMMER号
「TOTAL FILM」2008SUMMER号 マチュー・アマルリック2P掲載

ちんまいドミニク・グリーンことマチュー・アマルリックがお好きな方にはこの号お勧めです!
totalfilm_2008summer_mathieu.jpg
いたずらっ子参上!(笑)
なにやら企んでますよ、この大きなお目目のお方。
まだ本文を読みきれていないので後ほど追記の予定。
”Heartbreak Detective”が公開中(?)とあって、そのことにも触れられているかも。QoS以外の写真があるので、確認しますです。

Qosの記事は1ページだけ。すでにWebでも散々出ているショットです。


付録は『ヘルボーイ2』のメタリックポスター。

UK雑誌でもマチューがピックアップされるなんて☆
仏語は読めないので嬉しい限りです♪

[007/慰めの報酬]QoSキャストインタビュービデオ on MSN 

MSNに、『Quantum of Solace(007/慰めの報酬)』のキャストインタビュービデオがUPされました。

MSNビデオ
※最初にCMが流れます。

キャスト(&監督)が順番に質問に答えています。
ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、マーク・フォスター監督、オルガ・キュリレンコ(カミール)、マチュー・アマルリック(ドミニク・グリーン)、イェスパー・クリステンセン(ホワイト氏)、アナトゥール・トーブマン(エルヴィス)

ダニエルを除くとほぼ一言ずつのコメントなのですが、エルヴィスまで出してくれるとは!(←前髪パッツンがお気に入りw)

最初のCMが長くてうっとうしいですが、ぜひどーぞ。

[DVD]1992年UKドラマ、『ANGLO-SAXON ATTITUDES』にダニエル・クレイグ出演。DVD発売♪ 

1992年のUKミニドラマ『ANGLO-SAXON ATTITUDES』にダニエル・クレイグが出演していたようです。すでにUK版DVDは出ていますが、今度US版DVDが発売となり、なんとジャケットにダニエルの写真&名前が!
(UK版には写真も名前もなく、imdbにも載ってないのでちょっとびっくりです)

↓これが7/1発売予定の『ANGLO-SAXON ATTITUDES』US版DVDジャケット。
ダニエル・クレイグ出演? 1992年UKドラマ『ANGLO-SAXON ATTITUDES』

そ、その凛々しい軍服(?)のにーさんがダニエル、で間違いないですよね。
そのとんがったお口はダニエルですよね?(←好青年すぎて己の目を疑うalex)

この作品は、『高慢と偏見』や『ブリジット・ジョーンズの日記』の脚本家Andrew Daviesが、Angus Wilsonの原作を脚色したドラマで、なんとなく、UKお得意のブラック・ダーク・皮肉満載な匂いがぷんぷんしています。
主演はRichard Johnson、Tara Fitzgerald。約230分のミニシリーズですが、ダニエルが出ずっぱりだとは思えません。
UK版DVDをさっさとお取り寄せしたので、到着したら再生してダニエルの出演シーンをまたご報告します(^^)b

[007/慰めの報酬]ダニエル・クレイグ on “Access Hollywood” 

USのエンターテインメントショウ“Access Hollywood”にて、オーストリアセットでの『Quantum of Solace(007/慰めの報酬)』の紹介と、ダニエル・クレイグのインタビュー(約4分強)が放映されたようです。
公式サイトに動画がUPされていました☆

Access Hollywood:Access Extended: On The 007 Set With Daniel Craig(ダニエル・クレイグのインタビュー)
Access Hollywood:On The Set: '007: Quantum Of Solace'
※最初にCMが流れる場合があります。CM終了後、メインクリップ再生開始。

「ハンサム」は分かりますが、「British Accent」もボンドの魅力だったとは・・・(笑)
アメリカ人はやっぱり英英語のアクセントに憧れとコンプレックスが?(^_^;

[The Golden Compass]『ライラの冒険 黄金の羅針盤』日本版DVD、7/18に発売予定! 

ダニエル・クレイグがアスリエル卿を演じる『ライラの冒険 黄金の羅針盤(The Golden Compass)』。日本版DVDが7/18発売予定となりました!
通常のDVD2枚組と、Blu-RayDVD2枚組で発売とのこと。




[携帯用]ライラの冒険 黄金の羅針盤 コレクターズ・エディション
[携帯用]ライラの冒険 黄金の羅針盤(Blu-Ray)

120分の特典映像が、特典ディスクに収められることになっています。
【本編ディスクの特典】
・予告編集 (オリジナル予告1/オリジナル予告2/オリジナル予告3/日本版劇場予告/日本版TV SPOT1/日本版TV SPOT2/日本版TV SPOT3)
・キャスト&スタッフ プロフィール(テキスト)

【特典ディスク】約120分
・原作 フィリップ・プルマンについて
・監督 クリス・ワイツについて
・ライラ誕生の軌跡
・ダイモンについて
・羅針盤について
・パラレルワールドについて
・コスチュームについて
・撮影地オックスフォードについて
・鎧グマについて
・音楽について
・映画公開について

alexの手元にはすでにUS版DVDが届いているので、近々確認したいと思います!

[007/慰めの報酬]主題歌は是非ともワインハウスに!と願うダニエル・クレイグ 

少々お遊びが過ぎて、「A・ワインハウス、007最新作主題歌提供を断念」と報道されているエミリー・ワインハウスですが、ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグは彼女の大ファンだそうで、『Quantum of Solace(007/慰めの報酬)』の主題歌を是非とも彼女に歌って欲しいと願っているようです。

BBC:Craig backs Winehouse 007 theme

The actor has admitted he is a big fan of the troubled singer and he would love her to sing the title track to the forthcoming Quantum of Solace.


その俳優(ダニエル・クレイグ)は、彼がトラブル・シンガー(エイミー・ワインハウス)の大ファンであることを認め、彼女に来る『Quantum of Solace(007/慰めの報酬)』の主題歌を歌って欲しがっている。

"That would be fantastic. I am a huge fan of hers, and I don't know what has been going on because I've been busy doing other things," he said.


それは素晴らしいことになるでしょう。私は彼女の大ファンの1人で、他の事に忙しくて何が起きていたのか知らないのです。

ボンドのお仕事が忙しすぎて、ワインハウスのトラブルの数々を知らないんですね、ダニエルさん(笑)

エイミー・ワインハウスは次のボンド映画の主題歌を歌うためにここ数週間売り込んでいるそうです。しかし、プロデューサーのMark Ronson は、彼女は曲をつくる用意が出来ていないのでこの件は棚上げになっていると言っています。まだ正式な契約は行っていないそうですが、プロデューサーのMark Ronson によると「ジェームズ・ボンドのテーマのような」デモは製作されているとのこと。

"It would be amazing if she could, she's got an amazing voice and would blend herself beautifully to this. But...we'll see," he added.


とダニエルは望みを繋いでいるようです。

どーなる、主題歌!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。