スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[007/慰めの報酬]遂に日本版DVD予約開始!『007/慰めの報酬』DVD、2009.06.19発売! 

海外に遅れること3ヶ月、やっと、やっと『007/慰めの報酬』日本版DVDが2009.06.19に発売となります!

[携帯用]「007/慰めの報酬」DVD

▼ブルーレイ

[携帯用]【BD】007/慰めの報酬

<初回限定2枚組の内容>
◆収録内容
 ・DVD2枚組
 ・本編107分
◆Disc1 特典
 ・ミュージック・ビデオ ♪アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ
 ・劇場予告編(1)
 ・劇場予告編(2)

◆Disc2(初回のみの特典ディスク)
 ・メイキング・オブ・「007/慰めの報酬」
 ・撮影開始
 ・メキシコ&パナマでの撮影
 ・ボンド・ガール オルガ・キュリレンコ
 ・監督 マーク・フォースター
 ・ミュージック・ストーリー
 ・プロダクション・レポート~ブログ映像集

<ブルーレイ 内容>
◆収録内容
 ・Blu-ray1枚組
 ・本編107分

◆特典映像
 ・ミュージック・ビデオ ♪アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ
 ・劇場予告編(1)
 ・劇場予告編(2)
 ・メイキング・オブ・「007/慰めの報酬」
 ・撮影開始
 ・メキシコ&パナマでの撮影
 ・ボンド・ガール オルガ・キュリレンコ
 ・監督 マーク・フォースター
 ・ミュージック・ストーリー
 ・プロダクション・レポート~ブログ映像集

ブルーレイはディスク1枚です。多分ですが、BD Liveでネットに接続して見られる特典映像が入るんじゃないかな?と。(未確認)

やっぱり日本語字幕が欲しいの。。。と海外版DVDを指をくわえてスルーされていた方、これで毎日ダニエル・ボンドを堪能できますね!

既に出ている海外版『Quantum of Solace』各DVD、BDについては、過去記事をご覧下さい♪
→[UK版DVD]ミニボンド付UK版『Quantum of Solace』DVDが到着!
→[US版BD]US版BDも到着!『Quantum of Solace』

スポンサーサイト

[Obsession]遂にUK版DVDが発売に!ダニエル・クレイグ主演『Obsession』 

今までUS版とフランス版とドイツ版しかなかった『Obsession』。ベスト3くらいに入るダニエルのヘタレ度と、ワースト3に入る消化不良度という、なんともびみょーーな作品ですが、お手頃価格で2009.04.18にUK版DVDが登場です!

こちらでも予約受付中。

しかしこの作品、ほんとになんとも言えない展開をするんですよ。。。。
ハイケ演じるミリアムはあっちにフラリこっちにフラリ。ヲトコの純情をもてあそばれたジョン(ダニエル・クレイグ)は、どれだけ派手に振られても、めげずに「好きだーー!」だし。

ジョンを振ったんなら、長い付き合いのピアーと引っ付くのかと思ったら、流産しちゃって破局寸前になるし、ジョンはミリアムを道の真ん中で待ち続けるし、ピアーとミリアムの新居の隣に乗り込んで暴れまくるし。

いやほんと。US版のジャケットになってる、毛布に包まる2人のあま~い素敵なムードにだまされてワクワクしてみたら、「は?なに?だからなんやねん!くぉらっ!」と言いたくなるお話で。

ま、ダニエルは女が絡んでラブラブハッピーになるお話そのものが少なくて、半分くらいはフラれて凹んで忘れられなくて、なうじうじ君キャラなので、ボンドのかっこよさを求めなければOKと言えるんですが(^_^;

ドイツ版、フランス版にはダニエルのインタビュー映像が特典として収録されていたので、是非ともUK版にも入れてください、と思うalexです。

最近ダニエルのニュースが少なくって寂しいぞ。。。

2本目の『Quantum of Solace』DVDの作製にマーク・フォースター監督が着手予定! 

海外で『Quantum of Solace』のDVDがリリースされたばかりだというのに、早くも「2つ目のQuantm of Solace DVD」の話です。

『Quantum of Solace(007/慰めの報酬)』のメガホンを取ったマーク・フォスター監督が、2本目のQoSDVDのコンテンツ作成に取り掛かることを明らかにしました。

Tront Sun:Forster working on better DVD

"With this first DVD (last week's Special Edition on standard DVD, plus the similar Blu-ray), it all happened pretty fast and I didn't really have the time. I was only a little bit involved. But I will be working on the second DVD. I will be much more involved in that, putting pieces on."


最初のDVD(3/23に英米で発売となったDVD。日本では6月発売予定)は、全てが早くで私は本当に時間がなかった。私はほんの少し関わっただけだった。しかし、私は2本目のDVDに取り掛かる予定だ。私はそれにより多く関わり、映像を入れるだろう。

ボーナスには音声解説が加わり、新たなbehind-the-scenesが入るそうで、それは「さらに深く掘り下げた」ものだとマーク・フォースター監督は約束しています。

しかし、どの程度まで公開するかは悩ましいところのようです。いくつかは謎に包まれたままにしておくほうが面白いと監督は考えています。

例えばカットされた幻のエンディング。「Bond, James Bond」という有名な台詞で締めくくられたものだったようですが、このシーンはまだ次のDVDにはまだ入っておらず、入れるべきかどうか議論がなされています。
このシーンがカットされたのはセンテンスの問題ではなく別の理由からなので、一方では観客はこのシーンを見ることはクールだと感じると思うが、他方ではこのシーンはミステリーのままにしておくほうが面白い
と監督は考えています。

ま、1本目は劇場で観たもの。コレクターズ・エディションで、ちょっと特典映像を増やして、アルティメット・エディションでさらに「初公開映像」をプラスして・・・と、同じタイトルで何本もDVDを出すのは007のお約束ですので驚きませんし、恨みもしませんよ。(注:エディション名はalexが勝手に付けたものです)
うちには『Goldeneye』が4本くらいありますからね(--;

そういうところでいっぱい資金を貯めるから、次のボンド映画にどっさり予算をつぎ込むことが出来るんだと思えば、お財布を開くことで少なからず未来への投資にしようと、、、、無理やりにでも思いますかね。アメリカの金融ショックは映画製作にも影響を及ぼしていますしね(←やけくそ)

[Flashback of a Fool]Qos効果?邦題『フラッシュバック』にて、「Flashbacks of a Fool」がDVDリリース! 

その邦題はどうよ?とまたまた思いますが、ダニエルの『Flashbacks of a Fool』が、『フラッシュバック』という邦題で日本版DVDとして発売決定となりました!!

[携帯用]フラッシュバック

酒と女とドラッグにまみれ、堕落した生活を送っているハリウッドスターのジョー・スコット。ある朝、かつての親友・ブーツの訃報を聞いた彼は、封印していた過去の事件を思い出す。


ボンドのかっこよさを求めて観ちゃダメな作品です。
でも、ダニエルの幅の広さがわかる作品ではあると思います。

インディーズ映画なので、たしか興行成績的には大赤字で(^_^; 作品としての評価もあまり高くないのですが・・・・。
若かりし頃の回想が半分あるので、ダニエルは1/3くらいしか出てきません。ボウイ世代(グラム・ロック)の方には馴染んだ音楽が多いかも♪(←ちょい後生まれで分かってないalex)

小粒は小粒ですが、ラスト近くのシーンはちょっとじぃぃぃんとするかも。
若かりし頃の思い出、間違い。時間が流れても全然癒えない傷。
今、大切な人を亡くした人の、泣くことも出来ないほど打ちのめされ押さえ込まれている感情を解放するのは、若かりし頃の甘酸っぱい思い出。。。。
でも、超お勧めかというとそうでもないので、お財布が文句を言わなければどうぞ、と言ったところです(^_^;


レビューを書こうと思いながら、観た直後にはなかなかまとまらなかったので、続きで少し叫びたいと思います。

ネタバレがいやな方はスルー推奨。

>>「[Flashback of a Fool]Qos効果?邦題『フラッシュバック』にて、「Flashbacks of a Fool」がDVDリリース!」 の続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。