スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[雑誌]MI6 Magazine No.5が発行されました 

1ヶ月前くらいに出ていたMI6 declassifiedの第5号。

MI6 declassifiedの第5号

ダニエルの顔はそもそも2/3以上が影になっておりますのですよ、表紙は。
シルエットだけでもよかったんでないか?

映画公開前の、ワクワク感が溢れていたのが第4号。第5号は公開を迎えた時の熱狂がつぶさにレポートされています。

例えば、ロイヤルプレミア
MI6 declassifiedの第5号
そりゃ、ロイヤルプレミアでしたからね。2人の王子と出演者は言葉を交わすわけですよ。
このページの下には、レッドカーペットでサインに応えるダニエル、軍人さんたちと握手する王子、デイム・ジュディ・ディンチ、ボンドガールズのツーショット、つるぴかんなフォースター監督とダニエルのツーショット、ドミニク面影のなくなったヒゲでかわいい生き物なマチューとヅラぢゃなくてちゃんと自前のエルヴィス氏(名前度忘れ)の写真がきっちり載っています。
まちゅー・・・・可愛すぎるっ!

各国Box Officeの集計なんぞもあります。
MI6 declassifiedの第5号
アメリカでは白皙の吸血鬼(UK俳優が演じてますが)に抜かれたものの、それなりの数字をたたき出しました。
日本のBox Officeは$21,680,477だったそーで、米英独仏に続く世界第5位のようです。

そして、酒から香水までありとあらゆるものが007ロゴを載せる権利を買いあさりました。
MI6 declassifiedの第5号

後半はムーア氏だとかイアン・フレミング氏に関する記事で、007全体のお話。
MI6 declassifiedの第5号

フルカラー全36ページ。
クレカorPaypalのアカウントがある方はMI6.co.ukから直接どうぞ。日本語日本円onlyの方はここで入手可です。

スポンサーサイト

[ニュース]ダニエル・クレイグ、新作は『Dream House』? 

3Dの『The Adventures of Tintin: The Secret of the Unicorn』の撮影が終わり、舞台『A Seady Rain』の続報が待たれ、ようやく『Bond23』の始動が聞こえてきたダニエル・クレイグ。次の作品に『Dream House』の噂が出ました。

Hollywood Reporter:Daniel Craig awakes to 'Dream'

Now comes word he is in early talks to star in "Dream House," a psychological thriller set up at Morgan Creek to be directed by Jim Sheridan, though principals stress that the two sides have not reached a deal.

In the David Loucka script, Craig would play a man who moves his family to an idyllic small town, only to find his house haunted by its former inhabitants, who were murdered there.



日本語でもニュースになりました。
eiga.com:ダニエル・クレイグの次回作は、ジム・シェリダン監督のサイコスリラーに?

6代目ジェームズ・ボンドことダニエル・クレイグの次回主演作として、「マイ・レフトフット」「父の祈りを」のアイルランド人監督、ジム・シェリダンのサイコスリラー「ドリーム・ハウス(原題)」が候補に挙がっている。

米ハリウッド・レポーター誌によると、同作の製作会社モーガン・クリーク&シェリダン監督側とクレイグが交渉の初期段階に入っているとのこと。

のどかな田舎町に家族とともに引っ越してきた男(クレイグ)。しかし、新居にはかつてそこで惨殺された元住人たちの霊がひそんでいたというストーリー。「ボーダーライン」(02)のデビッド・ルーカの脚本によるもの。


サイコスリラーものらしいですよ。ホラーですよ。
まだまだただの噂の域を出ていませんので、どうなるか不明ですが、ニュースが出るだけでも嬉しいと思う、最近のダニエル欠乏症(だからと言って邦画に浮気するな)


あ、そうそう。おでこの真ん中にニキビがどーんと出現したお顔を最近パチっとされてしまったダニエルです。
ちょっと衝撃的なので(ちうか見開いた目が怖い)、覚悟を固めてリンク先へどーぞ(^^;
ダニエル・クレイグのお顔に吹き出物が…!!

[007/慰めの報酬]遂に発売。『Quantum of Solace/007慰めの報酬』日本版DVD。まずはBDから! 

BDの普及を促進すべく、一般DVDに先駆けての発売となった『Quantum of Solace(007/慰めの報酬』日本版ブルーレイディスク。

[携帯用]【BD】007/慰めの報酬

US版もUK版も持ってるだろうがと己に突っ込みつつ、とりあえず我が家にも到着いたしました。
007/慰めの報酬 日本版BD ダニエル・クレイグ

紙パッケージがキラキラですよ。キラ☆キラ☆

なんでしょ。日本版BDだけ、英米版とジャケットが違います。
Quantum of Solace(007/慰めの報酬)BD 日英米 ダニエル・クレイグ
左上:US版
右上:UK版
下:日本版

英米版はダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドがライフルを構えて砂漠の丘に登場するシーンですが、なぜか日本版はオルガ・キュリレンコ嬢が演じるカミーユとボンドのツーショットになっています。
な・ぜ?
ボンド1人でいいよ?
ライフル構えてる1ショットの方が、お互いそっぽ向きながら歩いてる図より断然かっこいいじゃん。

中のピクチャーディスクはというと、こちらは3カ国版とも同じ、ジェームズ・ボンド単体。
慰めの報酬)BD 日英米 ダニエル・クレイグ  ピクチャーディスク

ちょっとした違いとしては、<これはブルーレイですよ>の帯の部分に、それ以外の情報が載っているかどうか。
US版が、BDのロゴを載せているだけなのに対し、US版はリージョンコードとdts-HDのロゴ。日本版はさらににぎやかに、dtsとdts-HDのロゴまで載ってます。
何がどう違うのやら・・・ってのは、フル・ハイビジョン+7chとかdts-HDとかばっちりな音響設備を持ってる人に必要な情報なんでしょうね(^^;
我が家は5.1chのホームシアター設備はありますが、TVはまだHD対応じゃないんで・・・。BDの美しさを半分も堪能できていない家です(滝汗)

最近のBDには、「PS3で再生できますよ!」という宣伝シールがでかっと貼ってあります。
ま、そうね。
PS3で再生できるから、ゲームとBD2粒おいしい、ということですね。

でもまだ普通のDVDだけなのよ、という方は、今週末には通常DVDも出ますので、もう少しの辛抱です。

[携帯用]「007/慰めの報酬」DVD

最近『ハゲタカ』にはまりまして
ちょうどダニエルネタが少なくなったので、ちょい浮気してます。
あ、でも。ダニエル・ラブ度は変わりませんよ!



[Bond23]ボンド映画23作目の脚本が、Peter Morgan、Neal Purvis、Robert Wadeに決定! 

『フロスト/ニクソン』『クイーン』のPeter Morganと、『カジノ・ロワイヤル』『慰めの報酬』のNeal PurvisとRobert Wadeが『Bond 23』の脚本として参加することが、2009/06/12にイオンプロダクションのMichael G. WilsonとBarbara Broccoliより発表されました!
E!Online:Daniel Craig Ready to Bond With Frost/Nixon Dude

ようやく脚本家が決定。
どんなストーリーになるんでしょうね。
お気楽ボンド復活? でも、ダニエルのお気楽ボンドはちょっとイメージが沸かないんですが。
ウォッカ・マティーニでボンドガールを粋に誘っても、思わずはにかんでしまって「かわいいじゃない、このボウヤ」と思われちゃったりなんかして~~(笑)

とりあえずは今週末発売の『007/慰めの報酬(BD)』で、ダニエル・ボンドに浸りませう!

[携帯用]【BD】007/慰めの報酬

通常版DVDは一週間遅れて発売です。

[携帯用]「007/慰めの報酬」DVD

[ニュース]ダニエル・クレイグ、棒付アイスキャンディになる 

ヒュー・ジャックマンやジュード・ロウを押さえ、ダニエル・クレイグが棒付アイスキャンディーになりました!

Daily Star:JAMES BOND, LICENSED TO CHILL
ダニエル・クレイグの棒付アイスキャンディー
ダニエル・クレイグの棒付アイスキャンディー

デル・モンテがUKの約1,000人の女性に、アイスキャンディーにしたい男性のアンケートをとり、見事ダニエルが1位に輝いたようです。

6/1から6/7までの「National Ice Cream Week(国立アイスクリームウィーク)」の間、食せるようで・・・

ダニエルを頭からガブッ、もしくはペロッ。
・・・・やってみたい(笑)

[Bond23][タンタン]2011年秋はダニエル主演の2作が公開に?! 

つい最近、マイケル・G・ウィルソン(ボンドシリーズのプロデューサー)が、『Bond23が始動したけど・・・』と言い、公開は2011年ではないかとの噂が出ましたが、スピルバーグ監督の下3Dで撮影されている『タンタンの冒険』も同じく2011年の公開になる予定らしいとのニュースが出ました。

ロイター:Spielberg's "Tintin" to unspool in late 2011

Paramount Pictures and Sony Pictures have scheduled the family feature for a December 23, 2011, domestic release through Paramount.



もし噂どおり『Bond23』が2011年秋に公開されたら、10月末~11月に『Bond23』、そして12月に『The Adventures of Tintin: The Secret of the Unicorn』となるわけですね。
忙しいじゃないですか。
ま、日本に来るのはどーせ2012年ですけどね(--メ
タンタンにいたっては、日本公開があるのかすら怪しい(~~;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。