【007/慰めの報酬】ロイヤル・ワールド・プレミア(2008.10.29)にレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

【007 Skyfall/スカイフォール】ロイヤル・ワールド・プレミア(2012.10.23)のレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

月別アーカイブ

 2009年09月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[A Steady Rain]ダニエルもヒューもお芝居しようと思ったのにっ!!! 

<追記あり>

水曜日の『A Steady Rain』。(たぶん、2009.09.09のプレビューじゃないかと思いますが、不明)

真剣にお芝居をしようとヒュー・ジャックマンもダニエル・クレイグも頑張っていたのに、どーやら不届きな輩が携帯をマナーモードにしておらず、着信音が♪♪♪

お芝居してたはずのヒュー、なんとお芝居のキャラのまま「アホかっ!消せよ!」と突っ込みを入れ始めたそうで(笑) (注:alexは関西産です)
※youtubeが削除されているので、本家へリンクし直しました(10/4)

※動画消滅によりリンク削除

かなりシリアスなドラマのはずなのに、いきなりピロピロリン♪と鳴り出したら文句の一つも言いたくなりますよね(--;
そこでキャラを崩さず笑いを取るあたり、さすがヒューです(^^;
ダニエルはちょいと取り残されています(^_^;;;;;

Jackman & Craig -- Can You Hear Us Now?

Hugh Jackman and Daniel Craig were trying to perform their play "A Steady Rain" Wednesday night in NYC -- but some nitwit forgot to turn off his mobile phone. Jackman set the dude straight -- staying in character all the while. Minutes later, the ring tone echoed through the theater again and Craig's response was Tony-worthy.


こちらの元記事によると、やっとヒューが落ちついて芝居が再開された後、またもや携帯着信音が鳴ったそうで・・・・(▼へ▼メ
2度目に対するダニエルのレスが「Tony-worthy」だったそうなんですが、これって一体どういう・・・(謎)
どなたか教えてくだされ、ぷりーず!

それにしても・・・劇場結構小さいですか?
alex、かなりかぶりつきの席なんですが、ヒューの汗とか飛んでくるでしょうか(爆)

【追記】
ダニエルのレスポンスの意味が取れていなかったalexですが、よくよく考えれば文字通りにとればいいんじゃん!と一夜明けて気づきました(^_^;;;
tony-worthy=トニー賞もの
気づけよ(--;

paintreさんがビデオ内でヒューとダニエルがキャラなりきりで文句垂れてる内容の載っているサイトを教えてくださったので、リンク&つまみ食いさせていただきます。例によって直訳ですので、ご容赦を。
WA Today.com.au:Hugh busts Broadway guest

It shows Jackman, still in character as a Chicago cop pacing the stage and halfway through a monologue, address the audience member directly, saying: "You wanna get that?"

"You wanna get it, grab it, I don't care, grab it, grab your phone, it doesn't matter."

Co-star Craig, seated at the time, watched on as the phone kept ringing.

Jackman, 40, eventually pleaded, to rousing applause: "Come on just turn it off ... it doesn't matter, unless you got a better story, you want to get up and tell your stories".

As the phone kept ringing, 41-year-old Craig relieved his frustrated co-star, asking the audience member to answer their phone.

"Can you get that, whoever that is, can you get it," he asked.

"We can wait, just get the phone."

The phone was eventually silenced. A relieved Craig said: "Denny took it hard."


ヒュー・ジャックマンはシカゴ警察の役のままモノローグの半分ほどで客席に呼びかけて言った。

電話に出たいのか?
あんたは電話に出たい、取り上げたい、オレは気にしない、取り上げろよ。問題ないさ。

共演者のダニエル・クレイグはその時椅子に座っており、携帯が鳴り続けるのを見ていた。
40歳のヒュー・ジャックマンは遂にわきあがる拍手に嘆願した。

おい、とにかくそれを切れよ。構わないさ、もっと素晴らしい物語があるんなら。あんたは立ち上がってそれを話したいんだ。

電話が鳴り続けるまま、41歳のクレイグはイラつく共演者に代わって電話に出るように観客に頼んだ。
電話に出られるか?誰でもいい、出てくれ。
オレ達は待てる、とにかく出ろ。

遂に着信音が止まり、安心したダニエル・クレイグが言った。
Dennyはショックを受けたのさ。

劇場内の観客は再び拍手をした。


ヒューとダニエルを生で見られる!
という点だけに沸き立って、お芝居を観るマナー、演じている俳優へのリスペクトなどが欠落しているファン失格な観客が少なくないんですかね・・・(--メ

スポンサーサイト

[A Steady Rain]ヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグ on ステージ! 

2009/09/10にプレで公開された『A Steady Rain』のスチール写真が出ました!

Broadway.com:Exclusive First Look at Daniel Craig & Hugh Jackman in A Steady Rain

A Steady Rain - ダニエル・クレイグ&ヒュー・ジャックマン

A Steady Rain - ダニエル・クレイグ&ヒュー・ジャックマン

A Steady Rain - ダニエル・クレイグ&ヒュー・ジャックマン

たった2人しか出ないストレート・プレイなので、舞台はどんな感じだろうと思っていたのですが、どうやらシンプルに2人が並んだり向かい合ったりしていろいろ話すタイプに見えますね。
こーれーは、派手な音楽や照明でのごまかしが効かない分、本場仕込みのダニエルの本領発揮になるのかも!(もちろんヒューも舞台の経験豊富ですし、心配はしてません)

煌びやかで軽快なステップが求められるようなステージだと、借りてきた猫にすぐになってしまうダニエルには分が悪すぎますからねぇ(^_^;
運動神経悪くないと言っても、上背と脚の長さはヒューと比べちゃいけませんから・・・(ファンです。alexはダニエルのファンです!)

Broadwayのboxofficeの第3位を飾った『A Steady Rain』ですので、チケットの残りは相当少ないようです。
ざっと見渡したところ、レギュラーチケットは完売。土日は完売の日も多いです。
かろうじて、<プラチナシート>が取れる日がまだちらほら。
オーケストラエリアの<プラチナシート>は$450以上・・・・ひえ~~っ!
ホテル宿泊やレストランがセットになっているパッケージのようで、レストランセットの場合ディナーのお値段は、
金:$70、銀$50、銅$40。
強制的につけられるこのレストラン代金を含むと、合計$500以上となるわけで、日本円換算、福沢さんを5人差し出して、コインが返ってくると。
はっはっは。なんてゴージャスな一夜なんでしょ(滝汗)

ホテルの場合はもっとすごいですよ~。
N.Yのホテルは東京よりも高く、「ありえんっ!!」と絶叫したくなるようなお値段設定ですが、$200未満のチケット代(オーケストラエリアの後方10列以内)+最低でも$500以上のホテル代。
福沢さんを約10人ほど動員しないといけません。

ま、ブロードウェイの宿を確保+A列~J列の席が取れるなら、じゅーまんえん位払っても惜しくないですかね・・・・。
いや、alexには難しいですが。
この不況のご時勢、冬ボーナスなんて期待できませんからね。。。。

ヒルトンに泊まって『A Steady Rain』観劇、な~んてバブルなことをやってみたい(笑)
あ。ジュード・ロウの『Hamlet』もやってる(@。@) チケットが取れる・・・悩

[Bond23]マイケル・シーン、Bond23にて悪役Blofeldを演じる噂をきっぱり否定 

『Bond23』の脚本家と親しいことから、悪役Blofeldを演じるのではないか?と噂されていたマイケル・シーンですが、「その噂は真実ではない」ときっぱりはっきり否定しました。

CommanderBond.net:Michael Sheen shuts down Bond 23 villain rumours

“The rumours are I might be playing Blofeld, the Bond villain, because Peter Morgan, who I’ve done Frost/Nixon, The Queen and The Damned United with, is writing it – there is no truth to those rumours,” he insisted at GQ’s Men Of The Year awards, where he won Actor Of The Year.

The Welsh actor added, with a smile: “I wish I could tell you different, but no.”


「違ったことを言えたらよかったけど、違うんだ」と笑顔で付け足したそうで(^^)

マイケル・シーンはただいまティム・バートン監督、ジョニデ主演の『Alice in Wonerland』の撮影中のようです。ついでに、日本を除く世界中で熱狂中の「トワイライト」シリーズにて、↓こ~んな吸血鬼モードにもなってます。
aro_p.jpg

はて、Bond23の進捗はいかに?

[A Steady Rain]ミュージカルを押しのけて、BOX Officeトップ3に入った『A Steady Rain』 

もうすぐ初日を迎える、ダニエル・クレイグ&ヒュー・ジャックマン主演のストレートプレイ『A Steady Rain』ですが、ブロードウェイのBox Officeを賑やかしているようです。

Variety.com:Broadway box office blooming Daniel Craig, Hugh Jackman play makes top 3

Stop the presses: A straight play was one of the top three earners on Broadway last week.

Of course, that play was Daniel Craig and Hugh Jackman topliner "A Steady Rain." It grossed a whopping $1,167,954 for eight perfs in the production's first full week on the boards.


ブロードウェイのBox Office売り上げトップといえば、やはりミュージカルがメイン。ストレートプレイがトップ10に入ることはかなり珍しいそうですが、Variety.comによると、先週(2009.09.13の週)のBox Office集計で$1,167,954を記録し、第3位になりました。

1位は『Billy Elliot』、邦題『リトル・ダンサー』として日本でも公開された、ジェイミー・ベル主演映画の舞台版。映画を観たエルトン・ジョンが感動して舞台版のミュージカル・プロシューサーを務め、ロンドンでも大盛況だったミュージカルがアメリカのブロードウェイで上映されるようになったもの。
2位は、日本でも劇団四季が上演している『Wicked』。3位につけていた『Rain』を『A Steady Rain』が抜いてしまったわけですね。

余談ですが、『Billy Elliot』のロンドンで上演されたミュージカルはalexも観劇してまして、しかもサー・エルトン・ジョンが劇場に来ていた日に彼を見下ろす3F席に座っていたという、ちょっと縁のある作品です(^^; でも、なんせアクセントがあまりにもきつくて台詞がまーーーったく聞き取れなかったという悔しい思いをした作品でもあるのですがxxxx
今度も観ようかな?と思ったのもつかの間、これはただいま大人気でプラチナチケットになってるのを思い出してスルーの予定です。はははは。

話は戻って。これらのチケットの平均のお値段が$136ということなので、実際にはもっともっとチケット代を払っている人も多く、非常に高い需要のあるプラチナ・チケットだということが分かるとVariety.comは解説しています。
んーっと、確かに『A Steady Rain』もそれくらいしますね。円高のただいま、$1=92円くらいですので、1ステージ平均¥12,500。う~ん、それなりにお高いですね(^_^;;; 実際に我々が払うレートはこれより高くなりますし。(ニュースで出るレートはインターバンク・レート=銀行間レートなので、我々が銀行etcで売買する時のレートとは異なるのです)

このお値段だと、先日alexが観に行ったアダム・クーパー主演『兵士の物語』のSS席くらいですな。
あ、アダム・クーパーは『リトル・ダンサー』の最後に、成長したビリーの姿で『The Swan』の白鳥を演じています。あの空を飛ぶアダム・クーパーにやられて、バレエど素人の身でアダムの来日公演は出来るだけ観ているalex。『The Swan』は男性が白鳥を演じる「白鳥の湖」なのですが、チュチュをつけた女性ではなく、羽根をまとったズボンを履いたマッチョな男性が踊る白鳥というのが、荒々しくてセクシーでとってもクセになる作品なのです。

あ・・・またちょっと脇道に逸れていった・・・(^_^;;

ということで、ブロードウェイではただいま<そこ退けそこ退け、ヒュー様&ダニエル様が通る>ってな状況のようです。お金的に。
うはうはなブロードウェイ。踊るファン。
いーよいーよ。こんな時くらい踊ってやるさっ!

[A Steady Rain]ヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグ、Oprah Winfreyのライブに現る 

心身ともに不調でしばし休養していましたが、だいぶ復活したのでまたブログ更新に戻ります。

と、ネット落ちしてる間になにやら動きが・・・・

Oprah.com:Hugh Jackman and Daniel Craig's Surprise

なんとなんと、9/18のOprahのライブ@N.Y.セントラルパークに、ヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグが飛び入り参加してホストのOprahを始めファンをびっくりさせたとのこと。(ちーさん、ありがとうございます)

よく知らないのですが、この方は結構有名なトークショウのホステスなんでしょうかね(・・?
どうやらヒューとはお友達のようで。
本人も知らされていなかったらしいこの2人の登場に、素で驚いていたっぽいです。

ステージに上がった後、しばらく手を握られていたためにマイクを持つ手を変えたダニエル。あれ?まだ離してくれないの?お手手つなぎっぱなし?僕はその、あなたとはそんなにお知り合いじゃないんだけど・・・なんて心の声がちまっと聞こえそうなダニエルの姿がかわいいです。

もちろん、ブロードウェイで上演される『A Steady Rain』の宣伝の為に飛び入りしたんですが、もはやブロードウェイに慣れていてひとつのホームグラウンドくらいの感覚と思われるヒューに対して、ダニエルはいささか借りてきた猫っぽくなってます(笑)
お芝居のタイトルコールだけはさせてもらってますが、ほとんどはヒューの独断場ですね(^^) ま、ダニエルは結構shyなところがありそうなので、こういう場はホスト慣れしてるヒューによろしくとするのが無難だと思います。

しかしまた。。。。カッターシャツ+ネクタイ+薄手のベスト+革ジャンのダニエルと、セーター1枚(アンダーは着てると思いますけど)のヒュー。なんでそんなに軽装なんだ、ヒューは(笑)
しかし・・・ダニエルがゴードン警部@ダークナイト(ゲイリー・オールドマン)に見えて仕方ないなぁ。その髭と風にたなびく髪がね。(ちうか、ネクタイに革ジャンってありですか?ヒューと並ぶと大男に見えないから、なんか半端なんだよなぁ・・・)

「朝のジョークを言いに来たのさ。ってのはじょーだんで」
さすが司会やレポーター経験豊富、アカデミー賞のホストも難なく勤めたヒューです。ライブの仕切り方も心得ていて、テンポもいいですね~。

公式には、2009/09/29に初日を迎えるんですが(あ、ゲネプロ?プレビュー?は既に終了)、「今夜 おいでよ」とダニエルが声をかけたあたり、まだまだ稽古中なんでしょうかね(ヒューは日本に行ってましたしね)。

ガシッ、ムギュッ とハグハグするヒューに比べ、やんわりとハグするダニエル。これはまぁ、ヒューはOprahと知り合いのようですので当然っちゃぁ当然か。

なんだかヒューを褒め倒してるような文章が並んでしまいましたが、ちんまりと一歩下がったところにいるダニエルがやっぱり一番なalexでした。
ダニエルはきっとこっそり小さく手を振っていたものと思われる(←勝手な推測)

[A Steady Rain]無事プレビュー!『A Steady Rain』ヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグ 

2009.09.09、遂に『A Steady Rain』のプレビューを迎えました!

『A Steady Rain』プレビューのヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグ

ポスターはこんなの。
『A Steady Rain』プレビューのヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグ
ダニエルの下まつげが目立つような・・・

で、爽やか☆なヒュー
『A Steady Rain』プレビューのヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグ

どこのおっさんやねんっ!と思わず唸ったダニエル
『A Steady Rain』プレビューのヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグ
Just Jured:Hugh Jackman & Daniel Craig: ‘Steady Rain’ Artwork!

いやね、たとえ逆立ちしたってヒューのあのどっからみてもパーフェクトなかっこよさにはかないませんよ?ダニエルは。
でーもー、もちっとさ。もーちっとでいいからさ、なんかこう・・・・なんとかならんかったんかいっ!
このWeb記事に掲載されてる写真17枚中、ヒューが12枚で、ダニエルはイメージとおぼしきヒューとのツーショットを除けばたった1枚だけって、どーいうことさ?

ダニエルらしい、といえばらしいですけど(^_^;
うん、いいんだよ。勝負はステージの上で行われるのさ。そーさそーさ。写真写りがなんぼのもんじゃいっ(←自棄)

公式サイトも2人の顔が載ってます。
『A Steady Rain』ヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグ

[A Steady Rain]リハーサルの合間にNYを歩くダニエル 

『A Steady Rain』の為に、月300万ほどの家賃がかかる部屋を借りてNYに仮住まいしているダニエル・クレイグ。
極秘リハーサルの合間に、街で激写された姿が出ました!!

gossipcenter.com:Daniel Craig: Off to Rehearsal
A Steady RainでNYにいるオフのダニエル・クレイグ
ひげ~~。でも、もさもさしてる時はちょっといいかも。髪もキューピーちゃんになってなかったら、国境線だって目立たない。

せんせー!このダニエルを初めて見た時、「こ、これは・・・・○○じゃないですかっ!!」と思ったのですが、○○が何なのかが思い出せませんっ(><)
何(誰)をalexは思い浮かべたんでしょう・・・・(ホントに分からない、、、、orz)

A Steady RainでNYにいるオフのダニエル・クレイグ
良かった。セカンドバッグを小脇に抱えてなくて(笑)
物が入ってそうで入ってなさそうなそのメッセンジャーバッグ(?)には・・・タオルと台本でも?
関係者パスをぶら下げてるのが、いかにも「関係者」でいいかも(ちうか、スタッフと間違えそうだ)

A Steady RainでNYにいるオフのダニエル・クレイグ
主催者にすげなく却下されたため、自腹切ってプライベート・ボディーガードを雇いましたよ。
皮ジャンかぁ・・・。N.Yはもうかなり寒いのでしょうか。

こちらはまさきさん宅(胃弱風呂)でも紹介された、Amazonを持ったダニエル。
A Steady RainでNYにいるオフのダニエル・クレイグ
Daniel Craig meet up with Diddy in Manhattan
そのAmazon、PS3のソフトを買った箱だったりして(笑)

ちなみに、これ↓が舞台バージョン
steady-rain-craig-jackman_l.jpg
う~ん。↑これでN.Yを闊歩してても気づかないけど、最初の方の写真みたいにオフモードで歩いていたら気づくんじゃないかと思ったりもします。

チンピラだとか気づかないとか好き放題言いましたが、前言撤回します!
こんな黒縁眼鏡にふさふさお髭だったら、当然ボディーガードが必要ですがなっ!ほっときませんよ、こんなにかわいいcreatureをっ!!!!


しかし・・・誰だ。誰に似てるんだっ!あぁぁぁぁ・・・喉元まで来てるのに名前が浮かばないっ!
こんな風情の人、いませんでしたっけ?(カールおじさんじゃなくて)

【追記:9/11】
分かった!誰に似てるのかっ!!
ゴードンさんでした@新バットマンシリーズ。ゲイリー・オールドマンです。
gary-oldman.jpg
なんだろな・・・・鼻と髭と口のバランスが・・・(それだけかいっ!)

[News]ダニエル・クレイグ、『Some Voices』で組んだJoe Penhallと3つ目の作品を計画中?! 

やっと『Dream House』への出演契約にサインした話が出たくらいで、その後の新作情報が途絶えているダニエル・クレイグ。Varietyがと~っても気になる情報を出しました!!!

Variety:Hillcoat, Penhall line up projects -Director, writer eye potential Daniel Craig pics

Their adaptation of Cormac McCarthy's "The Road" may depict a desolate, post-apocalyptic future, but for director and writer John Hillcoat and Joe Penhall, the road ahead is paved with intriguing projects.

Penhall is in talks with Daniel Craig to write an English remake of Gallic heist pic "La Bonne Annee" for the thesp to star in.

The original film, which was made in 1973 by Claude Lelouch, follows a criminal recently released from prison who hatches a plan to rob jewelers in Cannes.

Penhall and Craig previously worked together on "Some Voices" in 2000 and Ian McEwen adaptation "Enduring Love" in 2004.


Cormac McCarthy(コーマック・マッカーシー)の『The Road』(ヴィゴ・モーテンセン主演 09年10月US公開予定)の彼らの脚色は世紀末後の未来の荒廃を描いたが、監督と脚本のJohn HillcoatとJoe Penhallにとって彼らの前途は魅力的なプロジェクトで舗装されている。

Penhallはフランス風強盗映画「La Bonne Annee」のイギリスリメイク出演についてダニエル・クレイグと交渉中だ。

1973年にClaude Lelouchによって作られたオリジナル・ストーリーは、出所したばかりの犯人がカンヌで宝石強盗を計画する話。

Penhallとダニエル・クレイグは2000年に『Some Voices』で、2004年にはIan McEwenの脚色『Enduring Love(邦題:Jの悲劇)』で以前共に作品を作っている。


カイゼル髭の怪しいチンピラモードが妙に似合うダニエルは、正義の味方(ボンドのことw)をやりつつ、宝石泥棒さんにもなるんでしょうか。
いいですよ、いいですよ。『Some Voices』も『Enduring Love』も、どちらもダニエルの違った魅力を十二分に引き出してくれた素晴らしい作品ですので、次もきっとまた新たな一面を見せ付けてくれることと思いっきり期待できます。

『Some Voices』のカワイイ いきもの
Some Voices ダニエル・クレイグ
破壊力ありすぎ

『Enduring Love』のメガネ教授
Jの悲劇/Enduring Love ダニエル・クレイグ
眼鏡ふぇちになりそぉ・・・・

『A Steady Rain』のカイゼル髭が寝てる最新バージョン
A Steady RainでNYにいるオフのダニエル・クレイグ
カ・・・カールおじさん(ディズニーの空飛ぶ)に似てる?!


そうさ、作品ごとに見た目のイメージも変幻自在なのがダニエルなのさっ!(誰と比較してんだ?)

[ディファイアンス]日本版DVD&BD発売『Defiance/ディファイアンス』ダニエル・クレイグ、リーヴ・シュライバー、ジェイミー・ベル 

去る2009.09.02.ダニエルが第二次世界大戦時に1,200人のユダヤ人を救ったトゥヴィア・ビエルスキを演じた『Defiance/ディファイアンス』の日本版DVD/BDが発売されました!

Defiance/ディファイアンス BD ダニエル・クレイグ

Defiance/ディファイアンス BD ダニエル・クレイグ

通常版DVDも出ていますが、alexはBDプレーヤーを持っているので、BDで出ているものはBDを購入しています。やっぱり綺麗だったり、作品によってはBDの方が特典が多いので。

実は昨日9/3、六本木にて行われたヒュー・ジャックマン主演『ウルヴァリン』のジャパンプレミアに参加したのですが、日比谷線六本木駅ででっかい『ディファイアンス DVD発売!』の広告を見つけたので、ぱちりと撮ってきました(携帯での撮り方がよく分からなくて電車を一本見送ってしまったalex....)

Defiance/ディファイアンス 駅広告 ダニエル・クレイグ

駅でこんなふうにデカデカと広告を出してくれると、「あぁ、忘れられてないよね」とホッと胸をなでおろせるというものです。
しかし話が重くてリピートするのが難しいんだな、この作品。。
でも、エドワード・ズウィック監督の音声解説はしっかりと聞いて、撮影の様子がどうだったのかをチェックせねばっ!歴史も含めつつ、撮影時のダニエル(ボンドモードでマッチョだったはず)や、共演のリーヴ・シュライバー、なかなかの演技力を見せたジェイミー・ベルなど共演者とのエピソードを監督が語ってくれることを期待。

[携帯用]ディファイアンス プレミアム・エディション [DVD]

[携帯用]ディファイアンス [Blu-ray]

余談ですが、『ディファイアンス』で熊になっていたリーヴ・シュライバーは、ヒュー・ジャックマンとの共演ではさらに進化した獣(ケダモノ)になってます(笑)
liev_schreiber.jpg
迫力満点。とがった八重歯がコワかわいいリーヴ・シュライバー(笑)
liev_schreiber2.jpg

ヒューについてはそのうち本館で叫びますので、ウルヴァリン関連はこのあたりで(^^;
どこから見てもかっこいいヒューがお嫌いでなければ、『ウルヴァリン』はお勧めですよ~。もうね、バイクに座ってるヒューの脚が、同じ人間とは思えない長さでお口あんぐりになりますから。
そして、生ヒューはありえない顔の小ささで思いっきり目をこすりそうになりました。なんであんなにかっこいいんですかっ!ナニ、その顔の小ささ、脚の長さ、スタイルのよさ、頭の回転の速さ!

[A Steady Rain]ダニエル、『A Steady Rain』中の24時間警護を要請→却下される 

幕開けが間近に迫った、ヒュー・ジャックマン、ダニエル・クレイグ主演のブロードウェイお芝居『A Steady Rain』。

6代目ボンドとしてどこでももみくちゃになるダニエルは、ブロードウェイデビューにあたり主催者に24/7(24時間/7日間つまり、毎日24時間)ボディーガードをつけることを要請しましたが、「共演のヒュー・ジャックマンはそんなこと頼んでないから」とあっさり却下されてしまったそうです。

showbizspy:Daniel Craig Demands Bodyguard For Broadway Debut

Daniel Craig has become a laughing stock on the set of his new Broadway play ― after he demanded 24/7 security.

The James Bond star apparently told producers of A Steady Rain that he needs a bodyguard on call as he prepares for his Broadway debut.

But Craig’s request was rejected ― because his costar Hugh Jackman has not asked for any security.


あーっと・・・・・「あんたね、イギリスでどんだけボンドボンドって持ち上げられてるか知らないけど、ブロードウェイじゃただの新人、ひよっこでしょ?だいたい、カイゼルひげモードになってるあんたみて、誰が『ボンドだ!』って気づくと思ってんのよ」ってことですか?(深読みしすぎ?っつーか自虐すぎ?笑)

「トニー賞取って、ブロードウェイじゃめちゃくちゃ有名なヒューが何も言わないのよ?わきまえなさいっ!」ってこと?(わたくし、ダニエルの大ファンでございますよ、もちろん!)

“Everybody thinks it’s funny because the truth is, Daniel rarely gets approached by the public in the street and at restaurants ― especially now that he has the huge handlebar mustache,” dished a Broadway insider. “Security and secrecy around the show are so tight that Jackman and Craig are rehearsing at a secret location outside the city.”

「皆ダニエルのボディーガード要請を変だと思っている。なぜなら実際には、ダニエルは道でもレストランでも人々に近寄られることが滅多にない-特にいまや大きなカイゼルひげを持っているからね」ブロードウェイ関係者はしゃべった。「ショウに関する警備や機密はとても厳しいのでジャックマンとクレイグは市外の秘密の場所でリハーサルをしている」

うぉ~い。またまた手厳しいですね~(^_^;;;;
確かにあのキューピーちゃんモードにあのチンピラかと思うようなヒゲでは、すれ違ったとしても「きゃぁ、ダニエル・クレイグじゃないっ?!ボンドよ、ジェームズ・ボンド~~!!」なんて黄色い声が飛び交うことはあまりなさそうです(汗) つーか、厄介ごとに巻き込まれたくないから素通りされるんじゃ・・・・(いつからチンピラに格下げされたんだ)

Craig has reportedly rented a $38,000-a-month apartment for his stint in the play.


クレイグは1ヶ月の家賃$38,000のアパートをこのショウの間契約したといわれている。

え~、$1=95円として計算すると、お家賃一ヶ月約3,610,000円(さんびゃくろくじゅーいちまんyen)のアパートを借りたんですかっ?!
準備に1~2ヶ月、公演が4ヶ月として、まぁ約半年でしょうか。

ダン、それは・・・自腹・・・だよね?いくらバーバラがプロデューサーにいて、ダニエルのbottomを守ってやらにゃと万が一にも腐れたことを考えたとしても、半年で2千万円近い額を経費として気前よくくれたりは・・・しないよね?

セレブだなぁ・・・・・(遠い目)




ちなみにalex、観劇に渡米する予定ではありますが、開幕すぐの9月に行く予定はありませんので、オープン日のレポートを期待されている方がいらっしゃいましたら、期待に沿えずでございます。
国内のお芝居も特に最近よく観るのですが、あの手のものはオープン日すぐに行くもんじゃない、と思っておりまして。。。
特に今回のように、幕開け直前でヒューが日本に家族ぐるみで行っちまって、「刺身を爪で食べるよ~」なーんて言ってる場合、まだまだ全然お芝居としての完成度は高くないと思っているのです(勝手な推測ですが)。

先日他の方ともお話していたのですが、大抵の芸事はやっぱりそうで、幕が上がった後すぐはカンペがばっちり準備されていたり、音響・照明とのタイミング合わせも後半に比べるとまだまだだったり、役者は余裕がなくてアドリブなんか問題外、ということが多いんですよね。

理想は、オープン日-中間-千秋楽と3つのタイミングで観に行くことですが、仕事がありますし、4ヶ月近くNYにいるわけには行きませんので、ある程度役者もスタッフもショウに慣れて、熟成されて、アドリブなんぞ出す余裕が生まれてきた頃に観に行こうと思っています。
ストレートプレイなので、そんなにアドリブや大幅変更はないと思いますが(^^;

ということで、ゲネプロまたはオープン日の現地の熱狂レポートというものはこのブログでは一切ございませんので、それを期待される方はどなたか他のところをお訪ねくださいませm(__)m
たぶん、それなりに日本から参戦される方もいらっしゃるのではないかと思ってます。はい。

ある日突然、素人撮りのブロードウェイ写真などが出だしたら、あぁ、alexはNYに着いたんだな、と思ってやってくださいませ(^_^;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。