【007/慰めの報酬】ロイヤル・ワールド・プレミア(2008.10.29)にレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

【007 Skyfall/スカイフォール】ロイヤル・ワールド・プレミア(2012.10.23)のレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

月別アーカイブ

 2009年10月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[A Steady Rain]10/23(Fri)のショウ後に行われたオークション 

ダニエル・クレイグとヒュー・ジャックマンが共演しているストレートプレイ『A Steady Rain』、10/23(金)のショウが終わった後にチャリティ・オークションが開かれたそうです。

Rialto Chatter: Jackman and Craig Auction Undershirts on Stage for BC/EFA

Hugh Jackman acting as auctioneer, along with Daniel Craig, the pair auctioned off their undershirts for a total of $10,000 for Broadway Cares / Equity Fights AIDS, with two matching $5,000 bids.

ヒューが音頭を取って、ダニエルも賛同したようですね。

それぞれのアンダーシャツを2枚セットで1万ドル!!!!(日本円換算、約92万円ほど)
Broadway Cares / Equity Fights AIDSに寄付されるそうで。ヒューは『Boy from Oz』の時にも同じようにオークションを開催したとか。

実際に着用したシャツなんでしょうかね~。
新品よりは洗濯済みでもいいから着用したものがいいですねー。
どうせならその場で脱いでくれたらもっといいんですけど、なんとなく2人ともアンダー着てないような気もする(笑)

いや~、欲しいとは思いますがとても10,000ドルなんて払えません(^_^;;;;;;

スポンサーサイト

[ニュース?]ダニエル、人気歌手Taylor Swiftの友人とのツーショットに乱入 

ダニエル・・・・あなたはお茶目なの?と噴き出しそうになった1枚の写真がTwitterにupされました。

MI6.co.uk:Daniel Craig crashes a photo, Taylor Swift posts it on Twitter
daniel-1026.jpg

メインの2人は、Taylor Swiftという人気歌手&友人だそうです。Taylor Swiftが友達とツーショット写真を撮ってたら、ぱんぴーだと思ったのか、後ろの方からダニエルがぬぼっと顔を出してみたのでしょうかねぇ。
まさかそれが有名人で、しかもTwitterに出されるとは思ってなかったのかもw

Taylor Swiftを知らなかったんだと思いますが、ダニエルらしいなぁと可愛く思えるのは気のせいでしょうか(笑)
しかしまた・・・後ろのダニエルに有名人オーラがないのがいいな(爆)

[ニュース]ダニエル・クレイグ、ヒュー・ジャックマンと孤児を支援する第5回「Worldwide Orphans Foundation Benefit Gala」に登場 

10/26にニューヨークで開催された、「Worldwide Orphans Foundation Benefit Gala」にダニエル・クレイグとヒュー・ジャックマンがそれぞれパートナー同伴で参加したそうです。

JustJared:Daniel Craig & Satsuki Mitchell Help Orphans Worldwide
TimeWarp:ヒュー・ジャックマン、ダニエル・クレイグが孤児を支援する第5回「Worldwide Orphans Foundation Benefit Gala」に登場
ダニエル・クレイグ、ヒュー・ジャックマンと孤児を支援する第5回「Worldwide Orphans Foundation Benefit Gala」に登場

そもそも、ヒューと奥様のデヴォラが名誉理事を務めてるんですね>Orphans Foundation。

同イベントは、世界中の孤児院で暮らす子供たちの教育や健康を支援するWorld Orphans財団が主催するもの。

だそーです。

[ニュース]ダニエル・クレイグ、キーラ・ナイトレイ主演の『マイ・フェア・レディ』リメイクでレックス・ハリソンを演じる? 

まだ噂の段階ですが、スカーレット・ヨハンソンを蹴ってキーラ・ナイトレイが主役に決定した『マイ・フェア・レディ』のリメイクで、ダニエル・クレイグがレックス・ハリソンの候補に、なんてニュースが出ています。

英語サイトでも真偽のほどを疑う記事があちこちで出ていますが、とりあえず日本語で出たのでそちらをご紹介。

シネマトゥデイ:キーラ・ナイトレイ、スカーレット・ヨハンソンを破ってリメイク版『マイ・フェア・レディ』主演へ

リメイク版の脚本は、映画『いつか晴れた日に』でアカデミー賞脚色賞を受賞している女優のエマ・トンプソンが執筆し、ダニエル・クレイグがオリジナルでレックス・ハリソンが演じたヒギンズ教授の候補に挙がっている。


う~ん・・・・正直、「えぇ~?ヒギンズ教授?」な気分なのは何故でしょう^^;;;

その・・・ダニエルが若い田舎娘を上流社会で通用する娘に育てあげる役を演じるイメージがわかないのですよ。
ダニエルに若い娘の調教もとい、教育は
しかも、ミュージカルですよ、MUSICAL!
谷間の差がありすぎるくせに、スカヨハを蹴落としたキーラはある意味すごいと思いますが(あ、ちゃんと演技力ありますけどね、キーラ。ダイナマイトBodyって意味では・・・はっはっは)、ダニエルと並ぶ絵が浮かばない(--;
年上親父と並んで恋心まで抱くのは、カリブの海賊ジョニデ相手くらいでいいのではないかと。

ダニエル、、、、ヒューの後を追わなくていいから。
コスプレとか歌って踊るとかってのは、ヒューの専売特許のままでぜひ。(ヒュー以外でも歌って踊れる俳優さんいますけどね。Britsではあんまり見ないか?)
なぜか、ダニエルにミュージカルというのは怖すぎて想像すら出来ないので...(滝汗)

[Bond23]ボンド23作目の撮影は「来年末スタートの予定」byダニエル・クレイグ 

『A Steady Rain』の楽屋口で、ダニエル・クレイグが『Bond23』の撮影時期に関するファンからの質問に、「来年末スタートの予定」と答えました!


[URL]http://www.youtube.com/watch?v=tw1CCmWP7Ro
56秒目くらいのところで、“Uh, we start the end of the next year, so…”とダニエルが言っているのが聞こえます。

ふ~む。やっぱり3年待ちですか、『Bond23』まで(^^;
ロケ地の噂とか、あくまでも噂のレベルでちらほら出てはいますが、まだまだ本格始動までは時間がありそうですね。

CR、QoSのシリアス恋愛路線にカタが付いたので、次はガラッと雰囲気が変わるのかもしれません。
素敵な作品になることを楽しみに、もうしばらく待ちましょう。えぇ。待ちますよ!

[A Steady Rain]楽屋口でサインに応えるヒュー&ダニエル 

『A Steady Rain』の公演後、出待ちのファンに楽屋口でサインや写真撮影に応えるヒュー・ジャックマン&ダニエル・クレイグの映像がYoutubeにupされていました!


[携帯用]http://www.youtube.com/watch?v=tw1CCmWP7Ro

ぱっと見た限り、ぐるっとファンが取り囲んで待っているようなので、全員がサインをもらえたかは分かりませんが、2人とも時間の許す限りサインに応えているようですね。
外が明るいのでマチネの後でしょうか?

しかし・・・サインしながらファンからの質問にも答える。聞き取れなかったら「なんて?」とちゃんと聞き返す。
ちゃんとこなしてますよ、ダニエル。
ワタワタしちゃうんじゃなかと素人考えで感じたんですが、この辺はもう慣れまくってますよね、きっと。
最前列のファンだけじゃなくて、後ろの列のファンからのサインリクエストにも応えてます。プログラムか何かを受け取って、サインして「Here you go, guys」とちゃんと渡してます。

あ、もちろんヒューもそれはばっちりです。一緒に写真撮ったり、ファンと会話したり。

う~ん、いいなぁーー。
alex、個人的にあんまり出待ちは好きじゃないので(←なんとなく苦手)計画してなかったんですが、マチネも1回見るので、余裕があれば楽屋口に回ってみます。
でも、埋もれる可能性が高いので、レポートはあまり期待しないでください(^_^;;

[A Steady Rain]ダニエル&ヒュー、1週間で約130万ドル相当のチケットを売上 

世界的な不況の中、ブロードウェイではダニエル・クレイグ&ヒュー・ジャックマン主演『A Steady Rain』をはじめ、ものすごい勢いで興行収入の数字が膨らんでいます。

Boomberg.com:Wolverine, 007 Cop $1 Million Broadway Paydays: Jeremy Gerard

For their work in the 12-week run of “A Steady Rain,” Craig and Jackman stand to earn about $1.5 million each, plus living expenses (I’m guessing they’re not bunking down at the Econo Lodge).

Last week the show sold $1.239 million worth of tickets, besting the blockbuster musical “Jersey Boys” by almost $80,000. Only three shows, all musicals running in much larger theaters, took in more. “A Steady Rain” further proved its box-office mettle with the highest average per-ticket cost, $146.93, of any show, musicals included.


ヒューとダニエルはそれぞれ150万ドルくらいのギャラ+NYでの生活費を手にしていると推測されます。
先週は123万9千ドルのチケット売上。ブロードウェイの平均チケット代はおよそ$146.93。日本円換算13,000円強。

ちょっと数字が大雑把になってますが、日本語でも記事が出たのでご紹介。

TSUTAYA onlineニュース:不況なのにブロードウェイは記録的な景気の良さ!ハリウッドスターが1週間で18億円稼ぐ

ブロードウェイ全体の興行収入が10月12日から18日の一週間で、近年のブロードウェイの記録を打ち破る2,110万ドル(約18億9,900円 1ドル=90円計算)をたたき出したとニューヨークタイムズ紙が伝えている。これに大きく貢献しているのが、ヒュー・ジャックマンとダニエル・クレイグが共演している舞台「ア・ステディ・レイン」だという。
 「ア・ステディ・レイン」は、登場人物がシカゴの警察官を演じるヒュー・ジャックマンとダニエル・クレイグだけという二人の演技が光る作品で、一週間の興行収入は100万ドル(約9,000万円)を超えるものだったそうだ。また、ジュード・ロウが主演する「ハムレット」も好調で、一週間で約90万ドル(約8,100万円)を稼いでいる。


『A Steady Rain』は上演時間85分。歌って踊る2~3時間のミュージカルと比べると、なかなか割高ではありますが、ジュード・ロウの『ハムレット』もストレートプレイですし、今秋のブロードウェイはちょっと毛色の違った作品で大盛り上がり、大儲けのようです(^^;

無事『ハムレット』のチケットが取れたalex。あといくつもいくつも寝たらNYです(先は長いぞ)。初NYのくせに、観光をほうりだして観劇三昧(笑)

[ニュース]ダニエル・クレイグ、NYCのCourage In Concertに出席 

『A Steady Rain』出演のためにニューヨーク市に滞在中のダニエル・クレイグですが、10/19に開かれたCourage In Concertに出席したそうです。

Daniel Craig: Courage In Concert
ダニエル・クレイグ、NYCのCourage In Concertに出席

ダニエル・クレイグ、NYCのCourage In Concertに出席

・・・・・・・寒いのか?
寒い・・・んだね?

もー、誰かもちっとコーディネートを。。。。
Satsukiには期待できないから、仕方ないのですけれど、どーよ、そのマフラー!

これをダサッと思ったのは、alexだけでしょうか。
alexもお洒落にはとっても疎いのですが、もしかして、これが今冬の最先端ファッション?
とか言ったら卒倒しますよ、私・・・・・(--;

なんか、半端だよぉ。ダニエル。
瞳のクレイジーな碧さだけは思いっきり強調されてるんですが、インのシャツもブルーで合わせてるのだと思いますが、なんか・・・ジャケット丈短かくないです?ベルト上のシャツが見えるって、、、、
それに、首周りに巻いてるわりにはジャケットはそんなに防寒タイプじゃないし。
あー、そこまで冬物は要らないけど、ちょっと肌寒いから首周りってこと?
う~んう~んう~ん。
alexのファッションセンスがナンセンスなのか?きっとそーだな、うん。そーいうことにしておくか(←いまいち納得してない)

ダニエル・・・貴方にコスプレが似合わないのは、首がつまり気味になるからだということ・・・・強制終了。

[A Steady Rain]CRのダニエルを求めて舞台を観に行くのは推奨せず 

結局ここに着地するんかい!と笑いつつもダニエルがちと気の毒になったのですが、「ダニエルの鍛え抜かれた胸板と6つに割れた腹筋を期待してお芝居『A Steady Rain』を観に行くと、女性の諸君はきっとがっかりするだろう」なんて批評が出てました(^_^;;

Daily Mail:Daniel Craig survives Broadway show without any mobile interruptions... it's only the praise of critics which rings out

直接この批評が載ったのはNew York Timesで、Ben Brantleyという記者の批評のようですが、やっぱり取り上げますよね、ukのdailymailなら(笑)

The New York Times critic Ben Brantley was typical of many in praising Craig's portrayal of Joey as 'registering large and lucid'.

But he cautioned: 'The woman with whom I saw the show made her priorities clear afterward, and they are doubtless shared by many.

'If only, she said, the play had been set in a police station locker room, where the characters might frequently change clothes.

'As it was, she was thankful for the small mercy that, toward the play’s end, Mr Craig finally removed his suit jacket and rolled up his sleeves.'


いくらなんでも、ダニエルとヒューのラ(裸)を観たくて、それを優先順位第1位にしていく女性はいないと思うのですけれど・・・・。だから、こういう書かれ方をすると、「身体だけなんかいっ」と心の片隅で思ってしまうalexです。

分厚い胸板、6つに割れた腹筋、太い腕。というなら、今はダニエルよりもヒュー・ジャックマンのはずなんですけどねぇ・・・1年半ほどかけて『ウルヴァリン』のためにダイエット・トレーニングをしてますし、『ウルヴァリン2』の製作も決定しているので、ある程度筋肉量をキープしているはずなのです。

ボンドが終わった途端、「トレーニングやめぃっ!酒だ~、ポテチだ~、ゲームだーー!」となるダニエルとは大違い、のはず(笑)

いくら、海から上がってきた海パンシーンが強烈だったからって、いい加減ダニエル・ボンドを「筋肉だけ」みたいな評価の仕方はやめてよ~~。と最近ちょっと不満です。でも、自己PRが恐ろしくへたっぴぃに見えるダニエルですからね。スクリーンの中で輝いてれば、それを評価してくれればそれだけいいのかも。

それにしても、ダニエルはスーツを着ていても筋肉付いてるのが分かるのに、ヒューはなんであれだけ鍛えててもスラっとして見えるのかが不思議です。「あの筋肉をどこにしまったんだっ?!」と、スーツの前をがばっと開けてバンバン叩きたくなるほど、あの方細身なんですよ!
絶対的に長いあの脚と、ありえない小顔というとんでもパーツの比で、ガチンゴチンに見えないのかも(^^;

この批評記事で「もしセットが警察署のロッカールームだったら、2人は頻繁に服を着替えなければいけなかっただろうが~」とあって、思わず想像しちゃいました(^○^)
なんて魅力的なシチュ・・・・強制終了(爆笑)
そんな設定にしちゃったら、誰も台詞聞いてませんから(笑)

この記者(批評家?)が観劇した時は、最後の方でやっと、ダニエルが上着を脱いで袖まくりをしたらしく、それがせめてもの慰めだ、みたいに書かれていますがなんせ舞台はナマモノ、毎日そうなってるかは分かりません。
どちらかが脱ぐことはストーリーの展開上100%ないと思いますけれど、袖まくりだけで黄色い悲鳴が飛んだら、ダニエルとしてはやりにくいだろなぁ・・・と思います(^_^;;;

舞台初日のカーテンコール with 腕まくりの写真はこちらにもupされています。
Monsters and Critics:In Pictures: 'A Steady Rain Broadway Opening Night'

また、他の批評家はダニエルの演技をこのように評価。

'A measure of Mr Craig's performance is this: not in a million years would you imagine that in another life this man called Joey, up on stage with a drooping moustache, sad eyes and flat hair could possibly be a suave spy-hero called James Bond.'


前世でJoeyと呼ばれ、うなだれた髭に悲しい瞳、ぺちゃんこの(または薄い)髪をしてステージ上にいるこの男が、ジェームズ・ボンドと呼ばれる上品なスパイ・ヒーローになれるとは決して想像したことがないだろう。
※なんとなく掴めるようで掴めていないのか、省略された単語を補えずにこじ付けた日本語になっています。もしかしたら、まーったく意味が違うかも(^_^;;
でもたぶん、ステージ上のしおれたJoeyと、スタイリッシュな(?)ボンドが同じ人物によるものだとはとうてい想像できないだろう。くらいの意味だと勝手に思ってます。(←目にフィルターかかってるかも)

だーかーらー、ダニエルは筋肉onlyのアクション俳優じゃなくて、カメレオン俳優とか玄人好みの俳優と呼ばれたくらい演技力に幅のある役者なんだってばっ!と今更ながら拳を握り締めたい気分。
過去の出演作を観てごらん?桃尻がぷりちーなコック長から、病持ちだけど己を失わない青年、恋に破れた警官、老女の相手も出来る大工などなど、ダニエルが演じてきた役の幅はとてつもなく広いんだぞ~~っ!
(なんとなく、我がことのように自慢したくなる・笑)

で、New York TimesのMatt Wolfもダニエルに寄せられる賛辞に同意して、

Craig, intriguingly, inhabits his part like a character actor unexpectedly turned star who has been given the chance to remind us of his serious acting chops,'


クレイグは、予期せずスターになった性格俳優-興味深いことに我々に彼の本格的な演技の一撃を思い出させるチャンスを与えられた-のように彼の役に生息している。

ヒューと張り合う演技力を持っているじゃないか!と、あるいは<予想を上回るパフォーマンスを見せた>的な、どこか力量が測れずにいた役者相手に送られるような賛辞を与えられているダニエルなのですが、ちゃんと本場UKにて演技を勉強して、舞台も踏んでいる本格俳優ですよ?と言いたい!

新人じゃないし!
どんなもん?結構やるじゃん♪
ってのは、なんか悔しいなぁ~~~~。

まぁ、島国UKとは知名度も認知度も違いますやね、ブロードウェイじゃ。
歌って踊った経歴もないし~~っ!(なんとなく自棄)

ダニエルの、実力だから。
彼の確かな演技力が、舞台という一番実力が試される場所で、あるがままにお披露目されただけだから。

(手放しの褒められ方がなんか悔しいのは、アウェーだから?あたりまえじゃん!と言いづらい雰囲気がなんだかどうしても悲しい・涙)

[A Steady Rain]初日のプレスカンファレンス映像!ダニエル&ヒュー 

alexが微妙に沈没と浮上を繰り返して最新ニュースに遅れを取って焦っている間に(←焦りだけが募って、疲れた心身が言うことをきかないジレンマな今)、ちー様が『A Steady Rain』のプレスカンファレンス映像を教えてくださいました!
ちー様、ありがとうございます!!!!

PCでしか見られないのですが・・・・
Broadway.com:Daniel Craig & Hugh Jackman: The Opening Night Press Conference


えーっと、どこから突っ込みましょうか(両手がわきわきしてる人)

まずは、ヒュー!とめなさい。ジャケットのボタンを留めなさい?オフィシャルで前をダラリンと開けたままはお行儀が悪いですよっ!(ほんとか?)
ダニエルがちゃーんと第一ボタンを留めてるんで、コレが本来のスーツの着方だと思うのですが・・・?
あーた、上背あるんだからだらしなく見えるでしょっ!

そしてダニエル。
また借りてきた猫になってますよ?借りてきた老猫・・・失礼、借りてきた猫。ネコ。
前半3分ほどを見ただけで、もうなんというか、微笑ましいやらハラハラするやら(^^;
なんとかヘッドというおもちゃがあるじゃないですか、ヘッドなんとかかな? あの、首のところにバネが入ってて、頭をポンと叩くと、頭部だけが揺ら揺ら~とするやつ。
ダニエルがそのおもちゃみたいなんです(^_^;

落ち着かなくて頭がフラフラ。(発表会とかで、「○○君、頭をフラフラさせない!」といわれる小僧が必ず1人はクラスにいるw)
隣のヒューがどっしりとしてるもんだから余計に目立つぞ。
質問者と共演者のダニエルを見る時に首ごと動かす以外は微動だにしないヒューの頭。頭一つ分下で、フラフラ・クラクラするダニエル(笑)
殺しのライセンスは持っていても、司会業とは縁がないのがきっと00を持つ人達なんですね。

そしてそして、回答の最初、必ずマイクが追いつかないダニエル(爆)
「しろーとじゃないんだからっ!」と、MC業をやってる人間なら確実に突っ込まれるところですが、ダニエルがやるなら大丈夫。気持ちが急いて、きっと腕が追いつかないんでしょう。とおかーさんになった気分で見守りますヨ!

自分に投げられた質問には真摯に答えるダニエル。ヒューが答えている時、時々ヒューが投げてくれるアイコンタクトにまーーーたっく気づかず、落ち着かないのを必死で抑えていたかと思うと、「なに?!君は何を言い出すんだい?なんか変なこと言わないでくれよ!」とばかり、ヒューがまずいことを言わないだろうかとの不安を前面に出してヒューをじーーーっと見上げるダニエル。
※このくだり、「シカゴ偵察はどうでしたか?」という質問へヒューが答えている時です。

あの・・・007がハムスターか何かに見えるのは目の錯覚ですか?カイゼル髭が、小動物の長いお髭に見えますよぉ。

シカゴ訛りを習得するのはなかなか大変だったらしいダニエルですが、「practice makes perfect」はどの国でも変わらないようで。
“practice, practice, practice hard."
と、優秀なダイアレクト・コーチの元、シカゴ訛りを習得すべく頑張ったそうです。
"I'm still in character"と言ってますが、やっぱりNYにいる間は米アクセントで頑張るんでしょうか。アクセントを崩さないようにするためなのか、常にも増して早口なダニエル。
1.5倍速くらいに聞こえるのは、彼のオリジナルアクセントじゃないからですかね?
「一息で、この調子を崩さずに言い切るんだ!」という強迫観念もどきが漂ってるような・・・・(汗)

母国語でもダニエルってゆっくり話す方でもないんですけど(借りてきた猫は早く自分の義務を果たし終わりたい・笑)、なんとなくリズムが違う気がします。英英語の時はもうちょっと、あの英英語独特の間があるんですよね。(なーんて、えらっそーに書きながらalexの耳はヘタレ耳なので思い込みというベールがかかった幻聴かもしれませんが)

携帯が鳴った話を記者から出され、「知らんっ!何もなかった!何の話かさっぱりだっ!」な~んてジタバタするダニエルが悶絶するほど可愛いですよ。
横でニヤニヤ笑うヒュー。君はなぜにそんなに余裕なんだ。やっぱり場慣れしてるから?伊達にアカデミー賞のMCやってないですね。
というか、どちらかといえばキャラになりきりでなかなか強い調子で動いてたのはヒューなのに、なんでダニエルにこの質問の矛先が?トニー賞もののツッコミを入れたから?
あまりにも小動物化していて、これはイジるしかないだろうとほんの数分の間にターゲティングされたから?(笑)

それにしても、質問者がマイクを持ってないので質問が分かりづらい(--;

舞台はナマモノ。毎夜観客は変わり、舞台の空気も変わり、舞台上も変わる。
一夜として同じものはないんでしょうね~。
ヒューが言ってます。Live theatre、と。

そして、質問タイムが終わり「Thank you」という声が飛び交いだすと、さっさと出て行くダニエル、少しその場に留まって、誰か追加で何か聞いてこないかとか何かすることがないかとか見回す余裕のあるヒュー。
ヒューが記者達に大きく手を振ってる頃、ダニエルはもう姿がありませんよ!(爆笑)

た、楽しい・・・
楽しすぎる、この2人の組み合わせ(^○^)



季節の変わり目か、びみょーに調子が狂ってるalexで、更新が遅くて申し訳ないですm(__)m
疲れた時や体力が落ちてる時に発生する<熱の華>が、いつもは1つしか出ないのに今回は同時に3つも狂い咲いたりしまして・・・。どうも本調子じゃありません(T^T)
くそぉぉぉ。ダニエル&ヒューのニュースを集め回るつもりだったのにぃぃぃ~。
ヘタレなalexに救いの手を差し伸べてくださる皆様、ありがとうございます。ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。

まだ完全復活には程遠いのですが、ぼちぼち、NY行きに向けてエンジンをかけて行きたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。