スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Dream House]おたんじょーびを迎えたダニエルの写真 

ちょっと古いのですが、『Dream House』撮影中のダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズのツーショットがJust Jardに出ていました。

Daniel Craig Celebrates His Birthday in Ontario
ダニエル・クレイグ、レイチェル・ワイズ『Dream House』

この2人で夫婦役。
違和感ないですね~。相性いいのかも。
監督は名監督として知られている方のようなので、見応えのある作品になるでしょうか。
少なくとも、『インベージョン』よりはいいことをひっそり願います(あれはあれで・・・悪くないんだと・・・以下自粛)

スポンサーサイト

ダニエル、42歳おめでとーー!&マチュー@仏映画祭を捕獲せよ! 

うっかり中世の魔法使いとオレ様イケメン王子にどっぷりとハマり、ダニエル情報が「Deam House撮影開始」以外入ってこないのをいいことに浮気モードでしたが、はっと思い出しました。

ダニエル、42歳のお誕生日おめでとう!!!
(3週間近く経ってから言うなっ!)

MGMの身売り先がまだ決まらないのか、Bond23が浮いたままですが、23作目も是非ともがんばってくださいっ!


そしてそして。『Quantum of Solace/慰めの報酬』で競演したフランス人俳優マチュー・アマルリックが、フランス映画祭で来日しておりまして、昨日、トークショウの行われる上映の1つ『風にそよぐ草』@ユーロスペースまで行って来ました。

胃弱風呂のまさきさんとスティールブルーの夢のきゃんさんとご一緒させていただいた、マチュー捕獲企画。
開始1時間前ほどにユーロスペースに着き、まっすぐエレベータで3Fに上がろうとした寸前、何のお告げかふとダイナーに足を向けたalex。
ぼへーっと入ると隣から「マチューがそこにっ!」という声が聞こえ、はっと見ると・・・
IMG_0699.jpg

失礼を承知で。「なんてカワイイっ!!!!」。
しばし逡巡の末、ぱちりと後姿を撮らせていただきました。
alexより早くついておられたまさきさんはマチューご本人と言葉を交わし、握手までgetするという幸運に恵まれていらっしゃいましたよっ!

どこかお高いホテルで優雅なランチを召し上がってるのかと思いきや、普通にダイナーでランチです。ガッツリパスタをとってらっさいました>まちゅー。

うはぁ(^○^)
思えば、ダニエルがalexの前に到着し、彼の激写に忙しくしている間に後ろを差さっと抜けて行ったと思われるマチューの写真を撮り損ねてとっても悔しい思いをしていた2008年のQoSロンドンプレミア。今回は可能であればそのリベンジを、とほんの5%程度だけ期待を持ってたわけですが、まーさーか、オフの姿をじっくり眺められるとは思わず。
いやもう、声をかけてくださったまさきさんに大大大感謝でございますm(__)m

その後、映画館内に入ると、なんとまた奇跡的に最前列にずらっと空席が。そして無謀にも最前列ど真ん中よりを陣取った我々は、約1時間のトークショウ中、ひたすらマチュー達を、手を伸ばせば届いちゃいそうな距離でガン見し続けることまで出来たのでした。

生マチューは、なんだかとっても自然体で、大きな目でじっくり人を見ていて、スチール写真などで見るのとほとんど変わりませんでした。大きすぎず小さすぎず、威張らず、オレ様オーラもなく。威圧感もなく(って、あの大きな目でじーっと見られると、ちょいとドキドキしたのですが>最前列だったので目が合った気がすること数回)。
キラリ☆と白い歯を光らせるのがデフォルトのハリウッド俳優と違い、ツクリすぎてない感じがやっぱり欧州だな、と。

ダイナーではお食事中だったので、そこを邪魔するのはいかがと思い遠巻きに我々はただ見つめておりまして、フランス語が出来れば、食事後くらいにちょいと写真撮りたいのですがくらいお願いできたかもしれない。。。と残念に思うこと数秒(笑)

なんだかもう、あんなに近くであんなに長時間マチューを見られるなんてホントに夢にも思わず。
映画の方は、フランス映画が結構苦手なalexには「おぉぉぉ・・・なは」なんて、感想という感想が書けないくらい悲しいもので・・・とりあえず、我が家にいる「クリスマスストーリー」のBDをさっさと再生するか、と思ってます。

今年は魔術師関連でどうしてもフランスに行きたいので、そのうち仏語を勉強し出す予感のするalexですので、また数年後にまちゅーが来日してくれた暁には、ぼんじゅーる むっしゅ、とか言えてるといいなと夢を見たりなんかしていますw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。