スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[竜刺青]「ドラゴン・タトゥーの女」日本語公式予告編! 

12/21に全米公開が始まった「The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴン・タトゥーの女」の日本語公式予告編がupされました!

※公式でしたが期限切れ?で動画消滅の為リンクも削除

Sony Pictures Japanのものなので、消えないはず。映画館では既に流れています。

クリスマス週末のBox Office結果は、トム・クルーズの「Mi-4」とロバート・ダウニー・ジュニア&ジュード・ロウの映画「シャーロック・ホームズ」を追いかけて第3位。上位2作品を抜ける可能性はちょっと低そうに思うものの、安定して上位にいてくれれば…。

スポンサーサイト

[竜刺青]『ドラゴン・タトゥーの女』前売り券&特典、ちらし 

アメリカでは封切を迎え、日本ではまだまだあと2か月指をくわえて待たなければいけない『The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴン・タトゥーの女』。

日本ではやっと前売り券の発売が始まり、映画館にちらしが並び出しました!

ドラゴン・タトゥーの女 前売り券&特典 ダニエル・クレイグ
特典が付くとは知らなかったのですが、何やらメモ帳のようなものが一緒に渡されました。

ドラゴン・タトゥーの女 前売り券&特典 ダニエル・クレイグ

ぺりぺりビニール袋を開けると、中身はポストカードと真っ黒なメモ帳。

ドラゴン・タトゥーの女 前売り券&特典 ダニエル・クレイグ
カワイコちゃん(ダニエルです)が前面に出てるポスカは、裏を返すとタイトルがバーン。

メモ帳の表紙らしき部分には、タイトルが箔押しされてます。
ドラゴン・タトゥーの女 前売り券&特典 ダニエル・クレイグ

が。このメモ帳…あの、特殊ペンも一緒に特典になってないんですか?と言いたい。
ドラゴン・タトゥーの女 前売り券&特典 ダニエル・クレイグ
ナゼって、メモ帳部分が黒いんですものっ!

これじゃ、読めないじゃないですか。
何か仕掛けがあるんでしょうか。炙り出し?ミカンの皮を絞って書いて、下から火を当てろ(まさか)

どーやって使うんだろう…(悩)

でも、ダニエルがカワイイから、もう1枚買ってしまおうかしらと本気で悩む。

そしてこちらがチラシ!
ドラゴン・タトゥーの女 ちらし ダニエル・クレイグ

ドラゴン・タトゥーの女 ちらし ダニエル・クレイグ

あの、キャッチコピー書き換えてもいいでしょうか。

誰がミカエルを泣かせた?

とか、

誰がミカエルを吊るした?

とか。(なんでやねん)←ただいま、ねじが狂って壊れてます。笑ってスルーしてやってください。

[雑誌]イギリス雑誌「ShortList」ダニエル・クレイグ表紙号「The Girl with the Dragon Tattoo」 

先日、ヒースロー空港で見つけて鷲掴みにしてきた雑誌その2。Short List。

ダニエル・クレイグ 雑誌 Short List「ドラゴン・タトゥの女」

表紙をめくるとまた表紙!
ダニエル・クレイグ 雑誌 Short List「ドラゴン・タトゥの女」
まーたもう。可愛すぎるよ、君は…

そして見開きドーン!
ダニエル・クレイグ 雑誌 Short List「ドラゴン・タトゥの女」
これ見た時、絶叫しかけました。いえ、脳内では絶叫してました。

海外では封切になって、なかなかの評判らしいのですが。日本公開2012.02.10を首を長くして待って、待って、待って…。

あ、そうだ。先日前売り券を買ってきました!ちらしももらってきました!後でupします。

[雑誌]ダニエル・クレイグ、Men's Journal Dec-2011/Jan-2012、Time Out London 8-Dec-2011の表紙を飾る 

「The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴン・タトゥーの女」がアメリカでは12/20に公開なので、ダニエルがありとあらゆる雑誌(娯楽系、ファッション系、男系)の表紙を飾るのはなーんの疑問もないのですが、こんなにカワイコちゃん&悪(になりきれない)ガキ系統で来るなんて、編集者もカメラマンも記者も企画者も、ダニエルのキャラをバッチリ捉えすぎじゃないでしょうかっ!!

まずはUS版「Men's Journal Dec/2011/Jan-2012」号から。
ダニエル・クレイグ Men's Journal Dec-2011-Jan-2012 表紙
こんなカワイコちゃんが、寒そうにプルプル震えてたら…
瞳の色と見事に合っている寒色ブルーのジャケット&シャツ&マフラーも、フェイクスノウと一緒に極寒度を演出していて、さっさとこっちにおいで!と叱り飛ばして暖炉の前に突き飛ばします、ぜったいに(鼻息)

こ、この、捨てられる寸前みたいな垂れ気味Crazy Blue。ピヨ毛とむき出しの耳が寒そうで痛そうで。
鼻の頭が真っ赤だったらもっといいけど、それじゃぁ演出過剰なので、これで満点、二十花丸!

お次は、本国よりTime Out London 08-14/12/2011号。
ダニエル・クレイグ Time Out London 8/12/2011
カワイコちゃん、チョイ悪オヤジは似合わないよんっ(笑)

もー、モノクロでもここまでサマになるって(感涙)
皆さま、「Enduring Love/Jの悲劇」の10年後くらいですよ。真っ赤な気球と、リス・エヴァンズにストーキングされなければ、こーんな大学教授になってたでしょうかw

実物を手元で見ていた時は気にならなかったのですが、デジカメで撮った写真を見たら、鼻から吐き出している煙草の煙が鼻水にみたいに見えてしまって、うっかり爆笑したalexでした。
単にalexの写真の撮り方がヘッタクソで、露出etcの調整が分からず、現物のまんま写し取れていないってだけで、お粗末なものをお見せして申し訳ないです(^_^;

1週間ほどの南欧ツアーはヒースロー乗換だったので、行きの待ち時間中にWH Smithを除いたところ、コレを発見!
待ち合わせ時間ギリギリに、「こいつは週刊誌だ、帰りにはもうないかもしれない」と思って掴み取ってレジにダッシュした甲斐がありました。
案の定、帰りにはもう新しい号になってしまっていて、ダニエルの姿なんてどこにもなく。待ち合わせ時間にはギリギリで間に合ったので、丸くokです。

ダニエルはまだまだゴージャスな姿を他の雑誌でバンバン出されてますので、またupします。

あ、Time Out Londonのインタビュー記事はWebでも読めます。
Time Out London:Daniel Craig exclusive interview -Dave Calhoun talks Bond, Dragon Tattoo and publicity stunts with the British Star

それから、まだ記事本文は斜め読みも出来ていませんが、PeopleUKに、Bond23-Skyfall絡みの記事らしきものが。
People.co.uk:Daniel Craig Set To Become Longest Serving James Bond

ダニエルは今ボンド役8年目。一番長くジェームズ・ボンドを演じていたのはロジャー・ムーアで12年。ダニエルがその記録を更新するか?ってな記事らしいです。つまり、「007 Skyfall」終了後もまだダニエルがジェームズ・ボンドを演じ続ければ…と。
ダニエルは役を真剣に考えて~って一文がチラッと目に入ったのですが、それって歴代ボンド役者がおちゃらけてたってことなんでしょうか(^_^; まぁ、女ったらしで現実離れしたガジェット使って、予定調和でるんるんらんらん♪だった路線からいきなりとんでもない007デビュー時代を描いたので、その落差は激しいですけれど…。(そんな話にしたのはプロデューサーであって、役者のシリアス度じゃないんじゃ?と歴代ボンド役者をちょっとかばってみるw)

で、「007 Skyfall」は60年代テイストなんですか?(←超斜め読み。間違ってるかも)
ん?2012年はボンド映画50周年?そうか…じゃ、イロイロ賑やかになるんだな( ̄ー ̄)

ちうことで、とりあえずは、もうどうしてくれよーー!な雑誌の紹介&まとまらない戯言でした。

[竜刺青][Bond23]ダニエル・クレイグが表紙を飾る、GQ UK & Total Film 2012年1月号 

USではもう『The Girl with the Dragon Tatoo』の公開で、様々な雑誌の表紙&中身をダニエルが飾っています☆

まずはGQ UKエディション、2012年1月号。

[紀伊國屋BookWeb]GQ UK EDITION Jan-2012

GQのサイトにも記事が♪
GQ:January ←2月号が出ると変わるかも。

そしてTotal Film。

[紀伊國屋BookWeb]TOTAL FILM Jan-2012

『ドラゴン・タトゥーの女』だけではなく、『Bond23:Skyfall』の記事もちらほら出てきています。
さらに、かなりすっごい雑誌をヒースロー空港にて手に入れたので、旅の荷物が片付き次第ご紹介します!もうもう、ダニエルがかっこよくって、かっこよくって、ちょっとドラマに浮気してたけど、やっぱりダニエルーー!!と心の中で大絶叫したのでした。(ただ今南欧帰りで時差ボケにビビってるところ)

ひとまず、なくならないうちにっ!の雑誌2冊でした。(日本を発つ前にはまだ紀伊國屋に出てなかったので…)

[竜刺青]ダニエル・クレイグ主演『The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴン・タトゥーの女』、Trent Reznor&Atticus Rossによる豪華サントラ発売! 

映像もですが、その音楽もえらく衝撃的でアブナい印象を強く与える、ダニエル・クレイグ主演映画『The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴン・タトゥーの女』ですが、トレント・レンズナーとアッティカ・ロスによるサウンドトラックがなんだかすごいことになっています!

Trent Reznor/Atticus Ross The Girl with the Dragon Tattoo

まずは、こちらの6曲が無料DL可能
1. Hidden In Snow
2. People Lie All The Time
3. What If We Could?
4. Oraculum
5. Please Take Your Hand Away
6. Under The Midnight Sun

そんなに太っ腹?!とびっくりしたら、なんとサントラはCD3枚組!全39曲

[Amazon.co.jp]リンクに表示されるテキスト

CD3枚で2千円しないってどーいう(@o@;

さらに3000枚(?)限定のDELUXバージョンは、お値段300米ドルとそれなりですが、ま~、豪華絢爛キンキラキンな内容。
 ・Choice of Apple Lossless, FLAC or 320 kbps MP3
 ・The full album on six pieces of 180 gram vinyl
 ・Deluxe book package with metal cover in a hard plastic "ice" slip cover
 ・Exclusive custom 8gb metal razor blade USB pendant, inspired by
  Lisbeth's razor blade necklace
 ・USB drive contains the full album in high-fidelity 96k audio
 ・Fold-out poster by Neil Kellerhouse
 ・Numbered limited edition of 3000
 ・Personally signed by Trent Reznor and Atticus Ross
 ・Images shown are concept renderings.
 ・Appearance and content subject to change
 ・Ships February 6, 2012

とりあえず、無料の6曲をDLしてサントラを予約したalex。ハリウッドリメイクなんざ、大したことないよ、ダニエルが出てなきゃ見る気にもならんねー。と思ってましたが(今でも3割くらい思ってるかも)、予告編のアブナさと音楽のかっちょよさと、この大盤振る舞いと、ダニエルがヒロインなポスターの数々でちょっとずつ見直してきています(どこまでもダニエルがメイン)。

トレイラーが4分弱ってそれもすごいな(前にも言ったかも?)
そっか、US公開は12/21か。そーかそーか、観たいぞっ!今すぐ観せろ~!(2月まで待て)

[Youtube]http://youtu.be/DqQe3OrsMKI

「Jの悲劇」だ、ダニエル~~!10年くらい経ってるはずなんだけど、あーたのそのカワイさは全く変わってないように見えまする。
マフラーがカワイイよ。H&Mだね?
リベットじゃなくて、ミカエルの一式を売ってくれんだろうか(^_^;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。