【007/慰めの報酬】ロイヤル・ワールド・プレミア(2008.10.29)にレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

【007 Skyfall/スカイフォール】ロイヤル・ワールド・プレミア(2012.10.23)のレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

月別アーカイブ

 2012年11月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マガジンハウスから「007 COMPLETE GUIDE: 007コンプリートガイド」11/30発売 

いよいよ『Skyfall/スカイフォール』日本公開まであと2日!あと2回寝たらスクリーンで観られます!
今日はIMAXに行って12/1レイトの座席を確保してこなければ(><)

公開日前日のタイミングで、マガジンハウスから「007 COMPLETE GUIDE: 007コンプリートガイド」なるムック本が出るようです。
50周年記念ですので、過去作とボンドガールと、そして最新作「Skyfall」も含まれている様子。


[amazon.co.jp]007 COMPLETE GUIDE: 007コンプリートガイド

アマゾンの商品説明によると中身はこんな感じだそうで。

1962年10月、007シリーズ第一作「007 ドクターノオ」が本国イギリスで公開されてから50年、
そのアニバサリーブックとして、ジェームスボンドのあらゆる魅力をまとめた一冊です。
これまでジェームスボンドは、ショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビー、ロジャー・ムーア、
ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナンそしてダニエル・クレイグというハンサムな6人が演じてきました。
彼らは、仕立てのいいスーツやタキシードを着こなし、酒やメカについても博識でスポーツも万能。
とにかく、かっこいい男たち! だから、世界中のみんなから愛されてきました。
そんな彼らの魅力を50年、23作品から、探っていきます。
まずは、ボンドが愛したギア。いつも話題となるボンドカーの歴史やその秘密、また時計や拳銃といったものも気になるアイテム。そんな、ギア達も徹底紹介。
次は、何と言っても魅惑的なボンドガール。
数々のボンドーガールが、スクリーンに登場しましたが、彼女たちのその魅力や秘密も楽しみな内容です。
また、ボンドといえば、度胆を抜く秘密兵器。その秘密兵器にまつわる話からその設計図までも網羅。
気になるあの秘密兵器を、その背景からもう一度見てみませんか。
あとは、その時の人気のミュージシャンの主題歌にも注目。だれもが知っている、そのメロディの歴史にも話がおよびます。
そして、シリーズ23作目、50周年の集大成となる最新作「007スカイフォール」のすべてを紹介。
すでに公開されたイギリス・アメリカでは大絶賛されている同作品は、その歴史の中の金字塔と評価されています。
こういった、まさにコンプリートガイドという名にふさわしい一冊です。



この手の本はあまり期待してはいけないという鉄則がありますが、ちょっと期待していいでしょうか?!

スポンサーサイト

[Bond23]今頃気づいた『Skyfall/スカイフォール』予告編和訳のありえなさ…本編はまともか? 

「今頃かよ!」なネタでスミマセン。

『Dream House/ドリーム・ハウス』の上映時間を調べるべく、上映映画館のサイトをチェックしていて、サイドバーで再生されていた『Skyfall/スカイフォール』の予告編を見るともなしに見ていたら…

「ボンドを撃って」

とMが叫んでいることになっていて、夜中であることも忘れて大絶叫しかけました。


待て、待て、待てーーーっ!


いえ、予告編ってのは、全貌が全く見えない状態ですから、和訳を入れる方も大変なんだろうとは思います。
前後がないまま、「見てのお楽しみ☆」な衝撃的シーンを寄せ集めているのが予告編。

でもだけど。
それでも、そーれーでーも、、、、、

ありえんだろうよ

と言ってもいいでしょうか(~~;


あと3晩寝たらやっと日本公開ですので、まだ詳細は言いませんが、電車の屋根の上で取っ組み合いする2人(ボンドと敵さん)を狙うイヴ(MI6エージェント)に、

Take the bloody shot!

と出される指令は、決して、けーーーっして、ボンドを撃つ指令ではありませぬ。


Mがボンドを亡き者にしようとして、昔同じような目にあったシルヴァが「全部Mのせいだ!」と恨んでるのね!
というお話もありかとは思いますが、、、、

公開されたら、本編ではきちんと「いいから撃って!」とか「撃ちなさい!」とかになってるといいな~、と思います。
本編でも「ボンドを撃って!」とか言ってたら、憤死しますよ。
おのれ、「私のお・は・な・し♪」をツクルんじゃない!と暴れます。
絶対。


本編ではまともな訳になってますように!!
訳者が某方だとしたら、期待は最小限にしておきますが、、、、

[Bond23]英HMV限定「007 Skyfall」スチールブックBlu-Ray発売!米Amazonで予約受付開始! 

日本はまだ公開前ですが、欧米ではサクサクと『007 Skyfall/スカイフォール』のDVD/BD予約が始まっています。

まず、リージョンコード次第では日本で再生できないUK版Blu-Ray。(UKのリージョンは通常B。日本はA)
英HMV限定、『007 Skyfall』スチールブック型Blu-Ray発売決定。(ただしリージョンコードに注意)
ただ今予約受付中 but 発売日は未定。
HMV.co.uk:Skyfall Hmv Exclusive Steelbook
※リージョンBの再生環境がない方は手を出さない方が無難。
20世紀FOXなので、もしかしたらリージョンオールでくるかもしれませんが、まだ分かりません。
もしリージョンコードがBだった場合、買っても再生できませんのでご注意ください。
ちなみに、QoSはリージョンB固定でした。

日本で再生ばっちり可能なUS版Blu-Rayはアマゾンで予約受付開始。

[Amazon.com]Skyfall [Blu-ray]

アマゾンでは発売日は出ていませんが、一説によると2013.03.12発売予定だとか。

日本は珍しく年内に公開してくれたので(まー、年が明けたらボンド51周年になりますもんね)、DVD/BDの発売も従来よりは早くなるかもしれませんが、多分5月あたりでしょうか(・・?

ドイツなんかがまた凝ったものを出してくれないか期待したいです。

[Bond23]『Skyfall/スカイフォール』の若造Qは大天才。だから一番得点が高い「Q」マグカップを愛用(笑) 

予告編を見た時からずーーーっと気になっていた、Qの愛用マグカップ「Q」。

「Skyfall/スカイフォール」Qのマグカップ
大容量の↑はロンドンでgetして以来alexのミルクティをせっせとキープしています(笑)

これ、英単語を作るボードゲーム「スクラブル」のQで、下にある「10」は得点のこと。
Qを使って単語を作るのが難しいからか、QとZを使うとなんと10点もらえるルール。
多分、洋画や海外ドラマでこのボードゲームを見たことがある人は多いと思います。

Wikipedia:スクラブル

スクラブル(Scrabble)は1948年にアメリカで作られた、単語を作成して得点を競うボードゲームである。

スクラブルのボードは15×15のマスとなっており、このマスにアルファベットの文字が書かれたコマを置くことでゲームは進行する。通常のマスの他に、4種類の色の付いたマスが存在する。

Double Letter(水色) : このマスに置かれた文字の得点が2倍になる。
Triple Letter(青) : このマスに置かれた文字の得点が3倍になる。
Double Word(ピンク) : このマスを使用した単語の得点が2倍になる。
Triple Word(赤) : このマスを使用した単語の得点が3倍になる。

これらの特典は新しく置かれたコマに対して有効である。
コマは27種類あり、アルファベットの各文字と空白で合計100枚である。文字によって得点が異なる。()内はその文字のコマの枚数。

1点 - E (12)、A (9)、I (9)、O (8)、R (6)、N (6)、T (6)、L (4)、S (4)、U (4)
2点 - D (4)、G (3)
3点 - B (2)、C (2)、M (2)、P (2)
4点 - F (2)、H (2)、V (2)、W (2)、Y (2)
5点 - K (1)
8点 - J (1)、X (1)
10点 - Q (1)、Z (1)
0点 - 空白(2)
空白のコマは使用時にどの文字として使うかを宣言する。


QにQをかけてるだけじゃなくて、頭の良さも含んでいるんだろうなと思うと、このマグカップを小道具にしたスタッフはめちゃくちゃ冴えてると感服。

Qが紅茶(?)を飲む時、裏面と底面が見えるのですが、本編ではあんまりはっきり見えないのでここで詳細をば。

Qの反対側はアルファベットの分布表。
「Skyfall/スカイフォール」Qのマグカップ

底はスクラブルとこのマグを作っているメーカーのロゴ。
「Skyfall/スカイフォール」Qのマグカップ

マグカップの中は、「Triple Word Score」(Triple Word(赤) : このマスを使用した単語の得点が3倍になる)
「Skyfall/スカイフォール」Qのマグカップ


[Amazon.co.jp]007 Skyfall スカイフォール Scrabble 【Q】マグカップ ベン・ウィショー/ダニエル・クレイグ


続きは少しネタバレが入りますので、公開前にほんのちょっとでも本編に関わることを知りたくない方はここで回れ右してください。
すでにあちこちの批評で出ていることですが、鋭意回避中の方もいらっしゃるかもしれませんので。
マグカップの話はここまで。





>>「[Bond23]『Skyfall/スカイフォール』の若造Qは大天才。だから一番得点が高い「Q」マグカップを愛用(笑)」 の続きを読む

[夢家]『Dream House/ドリーム・ハウス』レイチェル・ワイズのインタビュー 

先週金曜日よりようやくの日本公開(「スカイフォール」におんぶしてみたのが現実と勝手に信じてる)を迎えた『Dream House/ドリーム・ハウス』。

ホラーというよりサスペンス。
犯人探しと言うより、愛する人探し。

彼が夢→現実になるシーンはなかなか衝撃的で、家から離れられない妻リビーとのラストシーンあたりは「ラブストーリーって言ってもいいよ」と納得させるストーリー。(上から目線ですみません・汗)

えーっと、公開前にムビチケを頼んだのにまだやってこなくてまだ池袋に行けないalexです。

とりあえず、エイテンテンっつーか、現実の旦那のノロケも入ってる、レイチェル・ワイズのインタビューが出てます。

シネマカフェ:レイチェル・ワイズ インタビュー “夫”ダニエル・クレイグは「危険な香り」が魅力

敢えて「危険な香り」とか煽らなくていいから。
危険ってより、どうやったら素を見せてくれるか、懐いてくれるか悩ませるモジモジ君要素の方がなんぼも多い!

日本語字幕ではまだ観てないんですが、思い返しても、なぜにナオミ・ワッツだったのかをちょっと問いただしたい気はしますね。幸が薄すぎて、ぴったりといえばピッタリなんですが…。

レイチェル・ワイズはダニエルと同じく英国出身と言うことで、あの笑いが理解できるんですよね。
「Skyfall/スカイフォール」絡みでありとあらゆる雑誌を飾っていたダニエル。記事の中で彼のジョークだとかユーモアについて触れていたり「ジョーク言って?」とジョークを言わせたりする記事があったのですが、上機嫌だった時にダニエルが披露したジョークが、「・・・・・・( ̄Д ̄;;」なもので、うまくツボにハマらずワタクシはフリーズ。
でも、レイチェルはしばらく笑いこけてたとか。

文化の差って、大きいorz


上映終了までにはムビチケが来ますように…

[Bond23]『007 Skyfall/スカイフォール』ジャパンプレミア:ベレニス・マーロウ、吉田沙保里のビデオクリップ 

ジャパンプレミアのビデオクリップが出ています。

ベレニス・マーロウのそもそもの初来日目的は、ジャパンプレミアじゃなくてオメガのプロモーションらしいです。
日程合わせたのかもしれませんが、端的に言うと“ついで”ってことですか?!おろろん…


[Youtube]http://youtu.be/jU5Oh3ZH3fo

歴代ボンドガールのファッションショー…うーん、うーん、うーん…強制終了

消化不良なので、ボンドが載ったダブルデッカー(ロンドンのバス)を載せておきます。
007スカイフォール ロンドンバス ジェームズ・ボンド

それにしても、ベレニスの使われ方が勿体なくって、もったいなくって。
もしかしたら言葉の問題があるのかもしれませんが(メインキャラを張れるところまでは英語を使いこなせないとか)、従来通りのお人形さん的ボンドガールは悲しいなぁ…。
QoSでのジェマ・アータートンもそうでしたけどね、、、

[Bond23][雑誌]エコノミスト11/27号に、「007 50周年の魅力」特集記事あり 

スカイフォールに特筆、ではなく、ジェームズ・ボンド50周年に関しての記事が、「エコノミスト11/27号」に5ページ掲載されています。

[Amazon.co.jp]エコノミスト 2012年 11/27号 [雑誌]

王道を守り、冷戦終了だMGM破産だと荒波を乗り越えつつも50周年を迎え、23作目「007 Skyfall/スカイフォール」が爆走しているボンドシリーズ。

支えているのは「職人魂」ときました。
読みながら、「そうそう!それだ!」とにんまりしてしまうような5ページ+「本当のMI&」と銘打った囲み記事です。

alexはボンドファンと言っても「ゴールデンアイ」から入った新参者ですし、<英国の香り>を瞬時に嗅ぎ当てられるほど教養etcがないのでえらっそーなことは言えません。が、うん、スピルバーグ監督には無理だと思います(すんません、スピ監督。監督好きなんですが、英国の香りは漂わないと思います)

でも、1点だけ。ダニエル・ボンドは非情じゃないと思いますです。もちろん、ホワイト氏のように<敵認定>入った対象にはひっじょーに冷酷ですが、身内には甘い!優しい!
『007 Skyfall/スカイフォール』冒頭シーンで、秘めた優しさが出てますよ~。
ダニエルの一瞬翳る瞳が切なくて。その切なさを吹っ切るように、その後は結構乱暴な物言いをしますが、あれは自分に言い聞かせてるんだと思います。


映画雑誌にとどまらず、ファッション誌から週刊誌までが取り上げるのを見ると、ボンド映画ってお祭りなんだなぁと思いますね。

先月のバックナンバーですが、Newsweekの表紙も飾ってました。

[Amazon.co.jp]Newsweek Asia November 5, 2012 (単号)

アメリカのエンタメ誌も無視できず(笑) Entertainment Weeklyにも。

[Amazon.co.jp]Entertainment Weekly [US] November 2 2012 (単号)

国内外、映画雑誌を中心にあちこちに出てます。
どれもネタバレにつながるので、日本公開までまだ控えていますが、12/1をめどにグッズやら雑誌やら本やら一気に載せる予定ですので、12/1には無理なんだよねぇ…な方はスミマセンm(__)m 先にお詫びしておきます。

[Bond23]ベレニス・マーロウ来日!『007 スカイフォール』ジャパンプレミア開催!ダニエルはアフガン英軍激励で来日せず 

本日2012/11/19、有楽町で『007 スカイフォール』のジャパンプレミアが開催されました!(有楽町ってことは、六本木じゃなくて国際フォーラムでしょうか)

ダニエル来るか?誰来るか?と楽しみにしていたら、なんと来日はボンドガールのベレニス・マーロウだけ、という悲しい…いえ、嬉しい結果に。

映画.com:世界を席巻「007 スカイフォール」日本でお披露目、23代目ボンドガールが初来日

世界中で大ヒットを記録しているシリーズ最新作「007 スカイフォール」が11月19日、都内で行われたジャパンプレミアで日本のファンにお披露目された。本作でボンドガールに大抜てきされた仏女優ベレニス・マーロウが初来日し、プレミアに華を添えたほか、007の“故郷”でもあるロンドンで今夏開催されたロンドンオリンピックで、3大会連続の金メダルを獲得した女子レスリング・吉田沙保里選手が駆けつけ、ボンドガール顔負けのゴージャスな衣装で会場を沸かせた。


ヨシモトの芸人が来なかったことを素直に喜びます☆

幕開けは歴代ボンドガールの衣装に身を包んだモデルのファッションショーだったとか。美女、美女、美女。右を向いても左を向いても美女だらけだったんでしょうね~。

ジャパンプレミアには行っていないので、先日のロイヤル・プレミアでのベレニス嬢を追加でup。
ベレニス・マーロウ「スカイフォール」ロンドン ロイヤルプレミア

黙っていたらキツめに見えることもありますが、笑うとこんなに可愛い☆
ベレニス・マーロウ「スカイフォール」ロンドン ロイヤルプレミア

さすがトップモデル。見よ、この引き締まった背中!見習え、alex!(違)
ベレニス・マーロウ「スカイフォール」ロンドン ロイヤルプレミア

この方、メイクでガラッと雰囲気が変わります。フランス人なのに、マカオのカジノでアジアンに囲まれていても全く違和感なし。でも、メイクを落として髪を下ろすと、すっごくカワイイ女の子に。

どれだけメイクや服で雰囲気を変えてもまーーーったくイメージが変わらない俳優が多い中、彼女の「纏う色をガラッと変える」力にはほんとにびっくりしました。


で、ロンドンのロイヤル・プレミアで「Will you come to Tokyo, sir?」なalexの質問に「まだ決まってないけど~」と答えたダニエル。カウボーイ公開時の「日本に行くよ!」キャンセルの名誉挽回に来るんだ!と思っていましたが、日本よりも断然優先度が高いであろうアフガニスタンに行ってらっさいましたよ。

ジェームズ・ボンドの電撃訪問にアフガン駐留英兵も感激

ジェームズ・ボンド(James Bond)役の英俳優ダニエル・クレイグ(Daniel Craig)さんが18日、アフガニスタン南部ヘルマンド(Helmand)州にある英陸軍が駐留するバスティオン基地(Camp Bastion)を電撃訪問した。

 英国防省によると、クレイグさんは800人余りの英軍兵士とともに、一般公開に先駆けて同基地内で最新作『007 スカイフォール(Skyfall)』を観賞。その後、基地を視察し、重火器練習場では自ら機関銃を撃ってみせたという。

 英兵の1人は「今まで大勢の訪問者を基地に迎えたけど、誰もジェームズ・ボンドにはかなわないね」と喜んでいた。(c)AFP


ITV:007 Daniel Craig makes surprise visit to see troops in Camp Bastion

James Bond star Daniel Craig surprised troops at Camp Bastion in Afghanistan today as they were about to watch the latest Bond film, Skyfall.

After giving a brief introduction of the film, Craig was given a tour of the camp during which he travelled in a Foxhound vehicle.

Force Master Driver Warrant Officer Class 1 Rob Ingham said: “We get quite a lot of visitors here, but having James Bond was special. He seemed to be pretty comfortable in the driving seat!”


そりゃぁ、"Yes,I'm going to Tokyo, I'm looking forward to"とは言えませんよね。
ごめんね、ダニエル。即答できない質問投げちゃって。ロンドンでTokyoとか聞くな(^_^;

ま、あの後フランスだドイツだと、欧州のプレミア行脚に出てましたし、日替わりで国境越えてれば(って、大陸は地続きだし、EU内でシェンゲン条約入ってればチェックないですけど)、3週間後の日本なんて把握してなかったでしょうね。

日本公開まであと10日!
早く、早く叫びたい!!!

[夢家]「この映画はラブストーリー」、ダニエル・クレイグ『Dream House/ドリーム・ハウス』インタビュー 

お口ミッフィーがひっじょーに辛いこの頃(笑) 早く『007 Skyfall/スカイフォール』で絶叫したところですが、その前に来週末から公開を迎える、ダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズ&ナオミ・ワッツの『Dream House/ドリーム・ハウス』のインタビューが出ました。

映画.com:ダニエル・クレイグがレイチェル・ワイズとの共演作「ドリームハウス」を語る

きっとまた、照れくさそうに目じりを下げながら語ったんだろうなと、もじもじするダニエルがまぶたに浮かびますが、なんともですねぇ…現妻のレイチェル・ワイズと共演→結婚にいたった作品で

「この映画にはスリラーの要素はあるが、まず何よりもラブストーリーだ」

とか、素で語らないでくださいまし。

分かってます。それが作品を語ったものであることは。

しかーし。はぐはぐちゅっちゅな「ごちそーさまです(~~;」な、絵に描いた幸せな夫婦+娘×2が冒頭にコレデモカと出てくるので、<実際にふーふなんだよねぇ…、あんたたちねぇ…>と思うと、無心で鑑賞しづらいのですよ。。。

もちろん、夫婦で夫婦役を演じる俳優さん達はたくさんいますが(モニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセルとか)、他のカップルは「そーいえばこの人達リアル生活でも夫婦だっけ?」と思うくらいなのに、ダニエル&レイチェルの場合は…「本気でデレてるように見えるよ、ダニエル。演技だとは思うけど、ラブラブバカップルにしても、目がハートになりすぎ、目じり下がりすぎ、地に足つかなさすぎっ!」

と、びみょーーーーな気分に。。。


ボンドなんてやってるけど、もとはハードボイルド路線じゃないタイプのダニエルですので、ねぇ…。
ボンドでの扱いも結構…だしなぁ(笑)

「カジノ・ロワイヤル」生意気な若造+ヴェスパーにベタ惚れ→MI6なんて辞めていい!→がーん…
「慰めの報酬」ガーンの続き→やけくそ→カード止められる→前に八つ当たりした相手に甘える→大人になるんだ007!→なんとか大人の階段を上る
「スカイフォール」…年寄り扱い(強制終了)

でも、まぁ。ええ、人生崖っぷちが異様に似合うところもあるので、『Dream House/ドリーム・ハウス』も嫌いではないですよ、もちろん(ヤケクソ)。

上映映画館が異様に少ないのが悲しいですが、池袋まで遠征しますとも。エイテンテンに吹き出さない自信がないまま。

[Bond23]ドイツ版『007 Skyfall/スカイフォール』DVD/BD、2013/03/01発売予定! 

なぜにドイツはいつもいつも発表が早いのか…謎。

ドイツアマゾンをふらついていたら、なんとなんと、『007 Skyfall/スカイフォール』ドイツ版DVD/BDが2013/03/01発売!と予約受付中になっていました。

[Amazon.de]James Bond 007 - Skyfall

早いよ、君達。
本国UKでもまだまだなのに(とは言え、UKは逆に予約受付開始が遅めなのです)。

美しいBDで観たい方も多いかと思いますが、基本的にドイツやイギリス・フランスの欧州版BDはリージョンコードがBなので、人柱が確認するまで購入は待たれた方が無難です。
20世紀FOXなので、もしかしたらリージョンフリーで出してくれるかも…との淡い期待もありつつ。B固定だと再生できませんからね…。

日本は公開すらまだだってのに、4か月後にDVD/BDが出るなんて。ふふふふふ(違)

あ、多少お値段張ってもいいので、アレを付けたバージョン出してくれませんかねぇ…Mの机に上にいて、ボンドの手に渡る、ア・レ。(←日本公開前なのでまだ言いません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。