【007/慰めの報酬】ロイヤル・ワールド・プレミア(2008.10.29)にレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

【007 Skyfall/スカイフォール】ロイヤル・ワールド・プレミア(2012.10.23)のレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[つぶやき]ダニエルが好きだー!ってどう好きなのさ 

【追記あり】

管理人alexに「alexはダニエルがどう好きなの?」と質問を頂いたので、ちょっくらalexのダニエル愛を語ってみます。

質問をお寄せくださった方は、

ダニエルが好き。Satsukiにジェラス。ツーショット写真なんか見てしまったら胸が張り裂けそう。


な気持ちでいらっしゃるそうで、ダニエル&Satsukiネタを避けつつダニエル情報を見るのがなかなか難しくていらっしゃるご様子。

ダニエルいるところにSatsukiあり。ですからね(^_^; うかつにこのブログで紹介してる記事リンクに飛んだりなんかしたら、ツーショット写真がバンバン出てる可能性が高いですね。

さて、alexはダニエルがどう好きなのか。
ちょいと長くなるので、興味のあるかたは続きへどうぞ。


alexの「ダニエル好き☆」度は?
Satsukiと婚約しても、手をつないでいても、ワーストドレッサーな彼女を常に同伴していても、胸が張り裂けないのか。

答え:ダニエルが誰といても全然気になりません。私生活は芸の肥やしにしてください。

alexは、スクリーン越し・TV画面越し・ネット越し・雑誌越し、でしかダニエルを見ることはありません。個人的にコネクション持ってるわけじゃないので、公表されたものでしかダニエルを知ることは出来ないわけです。

で、alexが好きなのは、俳優のダニエル・クレイグ
ツクラレタ彼が好きなわけです。

「俳優」、「6代目ジェームズ・ボンド」、「セクシーな」、などの修飾語が一切つかない、リアルダニエルは全く知りません。
alexは性格的に、全く知らない人を好きになるのは難しいタイプなので、会ったことも言葉を交わしたこともないリアルダニエルには恋愛感情は持てないというわけです。

もちろん、「カジノ・ロワイヤル」を観た直後は、ボンドとダニエルを同じ人として認識してしまっていますから、熱が上がって、「ダニエル大好き。カッコイイ☆ そんなへの字口の女性じゃなくって私が隣に並ぶわ~はぁと」くらいの勢いでラブラブ光線出してましたが(爆笑)

時間の経過と共に、ボンドとダニエルが全く別の存在であることを認識していきますので、今はそんな「ダニエルの隣に並びたい!」など思うことは皆無。万が一そんな機会に恵まれたら、悩みまくるでしょうね。だって、日本でのんびり暮らしたいですもの。


俳優○○の大ファン。
このファンのタイプって大きく分けて2つはタイプがあるように思ってます。(俳優ファンをやって12年くらいなので12年の中で見つけたことです。ちなみにダニエルに12年ではありません)

タイプA
○○が大好き。○○は完璧。○○が同じ人間だとは思えない。
○○の演技は絶対素晴らしい。○○の作品を悪く評価する人間は、○○を理解していない。
悪評価をされて、○○が可哀相!(ゴシップが出ると)○○はそんな人じゃない!

タイプB
○○が大好き。そのアヒル口も、その目つきの悪さも、若かりし頃のやんちゃも、出しすぎな露出癖も、オペラがロックになってるのも、離婚歴が多いのも、たぽんとしたビール腹も、ご愛嬌(笑)。
欠点のない人間なんてないんだし、人間らしくていーじゃない。
若かりし頃、初々しくっておもしろ~い。年には勝てないのね、ちょっとたるんできたわよ。
あの作品はいまいちだったね。今度は作品選んでほしいなぁ。
そ、そんなに大スター扱いされていいの?なんか面映い!


俳優のファンを上記の2つに分けるなら、alexは100%タイプBです。
好きな俳優をアイドルとして崇め奉る気なんて皆無。職業俳優なんですから、観るのは彼/彼女らの仕事であって、私生活じゃない。
演技も、別に「○○の演技はこうあるべきだ」と型にはめる気は全くなくて、常にどんなものを見せてくれるかを楽しみにスクリーンorDVDで観てます。

特に、ダニエルのように、性格俳優と呼ばれるタイプは尚のこと、私生活にはあんまり興味がありません。alexにとってダニエルは、ブラピやジュード・ロウみたいに、容姿でまず「綺麗だねー。かっこいいねー」と思うタイプではないので、気になるのは彼の仕事=演技、です。

ジュード・ロウなんて、今はもうおでこの国境線がまず気になりますけど、若かりし頃はほんっとに綺麗で、その美しさにまず目が奪われちゃいましたもの。(このタイプは演技を評価してもらえなくってちょっと損?)

alexはどうにも俳優礼賛は苦手です。
「こんな酷評されて○○が可哀相!」なんて、俳優に失礼じゃないか、と思います。どれだけ脚本や編集、監督が悪くて作品の出来が悪くても、俳優の演技がピカリと光っていたら、「作品は成功しなかったけれど、俳優の演技は素晴らしかった」ときちんと評価してもらえるものですから。(理解のある編集者などがいた場合に限られるかもしれないですけど)

作品そのものはいまいちだけど、演技は良かった。
そう言ってもらえたら、多分その俳優の演技力は相当レベルが高いでしょうし、こちらも応援のしがいがあるというもの。

最高といわれる演技を見た後に、いまいちな演技を目にしたら、MAXレベルを知っているがゆえに「どーしたんだ!今回はいまいちだぞ」と言ってしまう。

俳優の私生活が幸せなら、それはもちろん喜ぶべきこと。私生活が荒れてたらそりゃ心配にもなります。
けれど、少なくともalexが観るのは、俳優の私生活ではなく彼/彼女らの築き上げる世界。特殊効果の助けがあったとしても、登場人物の心情をあらわすのは俳優自身。
彼/彼女らが、自分自身の中から紡ぎだすものを観たい。応援したい。

そんなところでしょうか。



ちなみに、alexはダニエルが好きですが、ダニエルはone of my favouritesなので、彼だけが特別ではないのが現実です(笑)

特に英国産俳優には注目しがいのある人が多いですから。
アメリカのTVドラマに最近はまってますが、演技力というか、奥行きの違いを痛感するこの頃。




「好き」な気持ちに正解なんてないと思いますし、「このように好かなければいけない」と形式が決まっているわけでもないので、ファンそれぞれが、それぞれの方法で応援していければいいと思います(^^)


【追記】
ダニエルが好きで好きでたまらないっ!胸が痛いのー。

そんな方は、ダニエルを愛して愛して愛しぬいちゃってください。
誰もアナタを止めません。

もうファンなんてちんけな次元じゃないわ。彼が好きで仕方がないのよっ!

10年後もその気持ちが変わらないなら、アナタの気持ちは本物かもしれません。

誰かを好きになる気持ちは素晴らしいものです。その恋を是非お大事に。
ストーカーにでもならない限り、彼はあなたの気持ちを困ったものだとは思っても迷惑とまでは思わないでしょう。


ただし。
alexはゴメンナサイ。現実主義者です。そう、リアリスト。
二次元と三次元の区別がくっきり付くように、actorとjust a manの区別もくっきりはっきり。
妄想の世界であんなことやこんなことを描いても、決して彼を「My Mr.Right」と思うことはありません。

まぁ、俳優に入れ込んでしまって、浮かされたようになることは全然珍しくないので、その気持ちをプラス方面に向けられたらbetterだと思いますよ(^^)
映画「オペラ座の怪人」でGerryに惚れて、食事も喉を通らず、来る日も来る日も考えることはGerryのことばかり。気がついたらあら、体重が落ちて美人さんになっちゃった☆
なんて話もよく聞きます。

ダニエルが好きで、彼と同じ言葉を話すの。同じ空気を吸うの!彼が育ったところを見に行くの!と、英語を完璧にマスターし、城砦の町チェスターを訪れるのも良いでしょう。
その英語力は2日や3日で消えることはないと思います。

CR公開後、ダニエルが好き!Satsukiにジェラス!と熱が上がりきってしまっていても、半年経った頃には「もう落ちついた」という微笑ましい方も身近に知っていますし。


ということで。
恋する乙女の心情は分かりますが、「胸が痛いんです~」と相談されてもalexには↑以上のことは申せませんので、もうどなたもわたくしを恋の相談者にはしないでくださいませ。

コイバナの相談に乗れるのは、alexが多少なりともリアルに連絡を取ったことがある方のみに限定されています。はい。
関連記事

コメント

んだんだ。

私もBです(笑)おひさしぶりです。
余談ですがジュード・ロウといえば、「ロード・トゥ…」で突然
綺麗なお顔が「ひぇぇぇ~」で仰天し、
(あのうすらハゲと歯並びは最強)
こないだ観た「ホリディ」では頭部分が涼しくなられたものの、
「お、いい感じにくたびれて味が出たのう」と思いました。
化けるなぁ、お見事(笑)

>ルカさん
こんにちは~。お久しぶりです(^^)
「ロード・トゥ・・・」のジュード・ロウは、“あの綺麗な顔を小汚くして~”との前振りを読んでたのに、実際に見たら「え~っ!!」としばらく口が塞がりませんでした。あれは強烈でしたね(^_^;
若かりし頃は文句の付け所がなかっただけに、少々くたびれてきてやっと演技も堪能できるようになった気がします(笑)
演技力ある人なんですけどね(^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 お久しぶりです。
 舟です。大変に興味深い記事で、自分はどちらのタイプだろう?と考え考え拝見いたしました。

 私は、AとBの中間位です。
 ボンドのダニエル氏とか、シャーロック・ホームズのジェレミー・ブレット氏とか、個人的に至高の組み合わせがあって。
 その作品がどんな過程で創り上げられていったのか、どんな共演者とスタッフさんの仕事の上に成されたのものなのかをマニアックに調べては満足しています。その作品世界の中に立つ役者さんが好きなんですね。

 これ、もしかしたら「アイドル声優に入れあげる男性ファン」に近いものかもしれません・・(汗)

 Aの方に近いのかな。でも、役者さんも、実際に今を生きる人であるかぎりは、変化やぶれはありますよね。 

どもー。
わたくしも完璧Bタイプでございます。どんなに好きになっても、彼女やら奥方に嫉妬することって全く無い。
いや、それはもちろん、いいなあ羨ましいなあって全く思わないとは言わないけどね。
英語も出来ないし、どんな僥倖があったとしても、生育環境も生活環境も全く違う人と出会って恋愛なんて出来る訳ないしと考えてしまう、私は悲しいリアリスト。

alexさんも書いてる通り、自分が好きなのはあくまでも俳優としてのダニエルだったりマッツだったりショーンだったりヴィゴだったりする訳で(例えが長いよ)、現実世界の彼らは知らないし、彼らの私生活に興味が無いとは言わないけど、彼らが露出していない部分まで無理矢理覗き込んであーだこーだ言いたくない。
それは彼らに対して失礼だし、ファンだったら好きなんだったら、好きな人の意志や感情を尊重しようよって思う。

恋人がいて充実した幸せな生活が出来ていて、それが仕事に反映されて、素晴しい作品を観ることが出来たら、それに越したことはないんじゃない、ねえ?
だから、サツキ嬢頑張ってダニエルを幸せにしてあげてね、ダニエルって人間関係不器用そうだから上手いことフォローしてあげてねっては思うけど、嫉妬のあまり胸が張り裂けそうっていう風にはならないなあ。

alexさんもご存知の通り、わたくしはもちろん妄想大魔王な訳ですが、リアルな現実と映画作品を含む虚構世界や妄想との違いはちゃんと判ってるつもりだし、判ってなきゃいけないんじゃないかな…と考える次第です。
あくまでも私見で、他のファンの方に押し付けるつもりはもちろんございませんが。

ところでタイプBの例題ですが、SBさんでのことでいらっしゃいますね?(笑)

>舟さん
ジェレミー・ブレット氏のシャーロック・ホームズはalexも大好きです。あまり他の方が出ているバージョンを見ていないので比較出来ないのですが、alexの中でホームズといえばブレット氏です!

『役者さんも、実際に今を生きる人であるかぎりは、変化やぶれはありますよね。』
そうですね。一度完成した作品はもう変わらないけれど、役者さんは生きてる以上変化がありますものね。
共演者やスタッフなど、その作品の世界をマニアックに調べてしまう気持ち、分かりますよ(^^)お気に入り役者さんの共演者をチェックしていくうちにそっちにもはまってしまった経歴を持つalexですので(^^;

>きゃんさん
役者にもプライベートはありますよね。子供の写真を売るタイプの人もいれば、私生活を一切晒さない人もいる。オープンにしてる人はそれでいいと思いますけれど、1人の人間としていられる場所をクローズトにしてる場合、あえてそこを根掘り葉掘り突付きたいとは私も思わないです。

もちろん、あの声が毎日聞けていいな~とか、あの瞳が毎日見られていいな~とか、アイドルに恋する乙女のような気持ちになることもありますけど(笑)
でもそれって、本人を見てるんじゃなくて、演じた役を重ねてるだけの場合が多いですし、そこまで近い人が生身の本人を見ないのは失礼でしょう。

<6代目ジェームズボンド>という肩書きを脱ぎ捨てて、ただのダニエル・クレイグに戻れる場所がSatsukiなら、そんな場所を確保できるのはダニエルにとってものすごくいいことだと思います。

タイプBの例題さん、ええ、SB氏しっかり入ってます(笑)

今頃コメンツしちゃってゴメンよe-263

“半年経った頃には「もう落ち着いた」
という微笑ましい方も身近に知っていますし”
ってオラのことだよなと思い(笑)、
嬉しくなって(オイ)思わずカキコw

ホント管理人って大変よね~(さめざめ)

>masakoさん
いえいえ、コメンツはいつでも大歓迎ですよ~(^^)

何を隠そう、私も最初の3ヶ月くらい(←みぢかいなぁ)は脳内でダニエルとデートしてましたよ~(爆)だから気持ちは分かるんですけどね。

我が道を貫く管理人なんで、こんなのでよければ引き続きお付き合いしてやってくださいな♪

初めてコメント致します。
青猫と申します。
実はずっとROMってました。
(なんか響きがストーカーっぽいですが)

CR以来ダニエル萌えv-238
Invasion以来再び萌え度v-126
今はライラをひたすら楽しみに待つ日々です。

私も完璧Bタイプ♪
基本は映画好きなので、
その先に付随する俳優ファンといった感じでしょうか・・・

時々こんな感じでコメントさせてもらって宜しいでしょうか?
よろしくお願いします。

>青猫さん
こんにちは。いつもご来訪&初コメントありがとうございますm(__)m

俳優さんに注目しつつ、映画の作品そのものが好きなんだなーと、私もそんな気がします。
いつでもコメント大歓迎ですので、なにかコメントしてみようと思われた際にはガンガン書いてやってくださいませ。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。