FC2ブログ

【007/慰めの報酬】ロイヤル・ワールド・プレミア(2008.10.29)にレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

【007 Skyfall/スカイフォール】ロイヤル・ワールド・プレミア(2012.10.23)のレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[007/慰めの報酬]DVDに収録されると噂の削除シーン 

★注意!削除された未公開シーンあり★ネタバレあり★


公開前に、ネタバレになるので~と伏せていた、削除されたラストシーンですが、本編公開を迎えたので、ちらりとご紹介(^^;
あ、たしか「MI6 magazine #4」にもうちょっと載っていたはずです。後で追記の予定。

マーク・フォースター監督がDVDに収録すると匂わせている気配もあり。
脚本には書かれていたものの、このシーンを入れると「3部作」になっちゃって、「QoSはBond23に続く」以外なくなってしまうということで監督がバッサリ切ったのが去年の10月くらいに出てましたが。

【追記】
「MI6 magazine #4」を確認。
はい、載ってました!!P6にある、マーク・フォースター監督とホワイト氏の2ショットがその削除シーンに関連するもののようです。

で、削除されたシーンはこんな1分のシーンだったとか。


もう一度警告。
★注意!削除された未公開シーンあり★ネタバレあり★



ボンドは最後のシーンでホワイト氏と遭遇する。場所は、ヘインズ(Tosca劇場でボンドが写真に撮った、英国首相の側近)の私有地。
ガンバレル・シークエンスは、『Quantum of Solace』の最後のシーンに持ってこられる。ボンドがホワイト氏を永遠の彼方へ見送った後に。


このシーンは、ホワイト氏が謎の組織『Quantum』の首謀者である可能性を示唆するものになり、プロデューサーが続編を作る以外の選択肢をなくしてしまう。とフォースター監督は考えたようで。このシーンを削除したことにより、次のBond23は全く新しいものとして創ることが出来る、新しいものを創りだす機会を得られる、と彼は語っています。

う~ん、新生ボンド3部作。
悪くないと思いますが、QoSでヴェスパーを卒業してしまったので、次はタダの勧善懲悪ものになっちゃいますよねー。それじゃいまいち面白くないかもしれないので、alex個人はフォースター監督の決断に拍手。

でもって、DVDに入れてください、ぜひとも!

関連記事

コメント

(以下、ねたばれるので映画観てない方はご注意ください)

くだんのエピソード(ヘインズ&ホワイトを追いつめるボンド→三部作への伏線って流れ)を切ったのはフォスター監督&ダニエルがかなりこだわった部分らしいですね。次回作を匂わせるようなラストはやめようぜって事で。
さっきオンセットを改めて見てましたら、このシーンほど重要なディレクターズカットではないものの、「あ、ここ本編になかったな…」ってのが幾つかありました。

・陥没坑から出てきた(?)ボンドがなにかに発砲する
・グリーンが缶カンをボンドの車(?)に投げる(投げようとする)
・トスカ会場で、エルヴィスが応戦する(?)

未公開画像、今回はもったいぶらずに初回生産の特典に入れてもらいたいです…。

>まさきさん
ダニエルはいいかげん、ジョークをぶっ飛ばすボンドに移りたいのかもしれませんねぇ(笑)
確かにホワイト氏を入れてしまうと、EP-3(違うって)がmustになりますから。今度は何分後から始めるよ、みたいな(笑)
もうヴェスパーを卒業するボンドは演じきったってことで、いいんじゃないかと思うのですが、是非とも初回のすぺさる版2枚組あたりにdeleted sceneとして入れて欲しいですよっ(握り拳)

On Set。斧を胸に眠るマチューに爆笑。まて、そんな物騒なものを抱えて安らかに眠るんじゃない。
砂漠で銃をぶっ放すダニエル、耳にイヤープラグが(笑)移動中と思われるショットではしっかりサングラスが!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。