【007/慰めの報酬】ロイヤル・ワールド・プレミア(2008.10.29)にレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

【007 Skyfall/スカイフォール】ロイヤル・ワールド・プレミア(2012.10.23)のレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[007/慰めの報酬]やっぱり「便箋」だったらしい。ユーモア、なのか?! 

最初に触れた記事では既に追記済みですが、海外記事にもばっちり出ていたので改めてこちらでも追記。

宝くじに当たった高校教師が、高級ホテルのスイートに(笑)
入り口で立ち尽くすフィールズに、ボンドがお誘いの言葉を。

"I can't find the stationery."
文字通り、「便箋探すの手伝ってくれない?

Virgin media:Bond stars hit back at critics
シネマラ映画館:ボンド&フィールズ

She also spoke about her humourous scene with Daniel in which her character Agent Fields is coaxed into bed by Bond when he says: "I can't find the stationery."

Gemma laughed: "It worked. Guys all around the world will be using that one."



くっさーーーーっ!!!!!(爆)
ユーモアだといわれたらユーモアたっぷり、だけどこれで調子に乗ったおぢさんが嬉しそうに「便箋探すの手伝ってよ」とか言ったら、ドン引きしますヨw

いや、なんつーか、その。
QoSって、緩急の差が激しすぎて付いていく方にもそれなりのぶっとびを求められてるような(笑)
関連記事

コメント

確かにっ!くっさいセリフですよねー。
歴代ボンドの中でも、これほどくさい口説き文句はありませんよ!
ま、ピアースの時代だったら、部屋に入るなりキス!だけど。

さて、QOSはアクション・シーンのリアリティと心理描写の巧みさが物語に厚みと深みとを与えた優れた作品だと私は評価しているのですが、シリアスなシーンとユーモラスなシーンとのバランスが上手く取れていない感じが少しありましたね。
洒落たセリフや気の利いたジョークはボンド・シリーズのお楽しみでもありますが、ダニエル・クレイグがボンドをやる限り、徹底したハードボイルド路線で突っ走ってもらいたい気もするのですよね。

パラリラパラリラ

ふふふ、そこらへんのおぢさんがニヤニヤしながら言った日にゃ後頭部ハリセンの刑です、すぱこーーーん(笑)

しかしまさしく緩急はげしすぎて…。
もしかしたらあの冒頭のカーチェイスは「野郎ども、今日はぶっとばしていくぜっ!ついてこれねえやつは置いてくぜ~!」と注意喚起していたのかなw
まんまと数回乗り遅れました、へへ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。