FC2ブログ

【007/慰めの報酬】ロイヤル・ワールド・プレミア(2008.10.29)にレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

【007 Skyfall/スカイフォール】ロイヤル・ワールド・プレミア(2012.10.23)のレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Bond23]「007 Skyfall/スカイフォール」特集の洋雑誌:Shortlist magazine 

日本ではファッション誌で取り上げられる程度(それでもありがたい)の「Skyfall」ですが、本国ではこれでもか!というくらい何もかもがボンド尽くしになっていました。

特に今年はボンド50周年とのことで、「Skyfall/スカイフォール」に限らず過去作品も入れての大特集に次ぐ大特集。
alexの財布は万年ツンドラ地帯で永久凍土の一部と化してますが、ボンド関連だけは食費を削ってでもあれこれ手を伸ばさずにはいられず。

半分人柱としてあれこれ雑誌を集めたので、片っ端からご紹介。

まずはこれ。Short List Magazine

[amazon.co.jp]ShortList magazine 11 October 2012 「007 Skyfall スカイフォール」 主演:ダニエル・クレイグ 雑誌

↓これは中表紙。外拍子は「コンバースはブーツを作るか?」という広告(笑)
「Skyfall/スカイフォール」特集イギリスの雑誌Shortlist
「Our Favourite Killing Machine」って、なんて物騒なタイトル!
別に殺人兵器じゃないでしょー、殺しのライセンスは持ってるけど。殺しがミッションじゃなくて、ミッション中に殺しが発生するだけだー(暗殺はモサドの十八番のはず)。いいんですけどね、最もエレガントな殺人兵器とか書かれないだけ。

ぱらりとめくると、
「Skyfall/スカイフォール」特集イギリスの雑誌Shortlist
オメガの広告。ユニオンジャックがはためく中、マフラーまで巻いたフル装備のボンド。今回、各タイアップ商品がものすごく綺麗に、結構な時間、けれどとても自然に映っていたと思います。
オメガの時計なんて一体何か所で見たことやら。

「Skyfall/スカイフォール」特集イギリスの雑誌Shortlist

「Skyfall/スカイフォール」特集イギリスの雑誌Shortlist
「Skyfall/スカイフォール」だけでなく、ボンド50周年なので過去作の記事もあり。
ちらちらと「British Icon」を出してます。過去作の特集ももちろんあり。

そして、ドーンと。ピヨる長さもない短髪ダニエル。ダニエルは前髪ハラリが一番いいのに…
「Skyfall/スカイフォール」特集イギリスの雑誌Shortlist
I want to get violent. T女史を見習って直球翻訳をすると、「乱暴/狂暴になりたい」。
ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグのインタビュー記事です。

お約束の「脱ぐシーン」をどう思うかの質問もあり、彼がどのようにボンドに取り組んでいるか、どう考えているか、また共演者のことなどなど、読み応えたっぷり。

さらに
「Skyfall/スカイフォール」特集イギリスの雑誌Shortlist
Inside Skyfall。もとい、Inside Tube.ロンドンの地下鉄がTube(チューブ:管)と呼ばれることに文句なく納得できるこの丸さ(そこじゃない)

この特集は「Skyrall/スカイフォール」のメイキング記事と言っていいと思います。ボンド映画とはなんぞや、その歴史、監督、車、ボンドガールなど、様々な切り口から。

ボンドガールのベレニス・マーロウのインタビューもあれば、この天才若造のインタビューも。
「Skyfall/スカイフォール」特集イギリスの雑誌Shortlist
ベン・ウィショーの一問一答。

飛行機が怖い、ニキビがコンプレックスの天才若造Q(笑)。まさかボンド映画で「パジャマ」が出てくるとはw
次回作からはもうちょっと何か仕掛けを入れて彼のキャラクターも発展させてほしいんですが…。
インタビューによると、ベン・ウィショーの「Skyfall/スカイフォール」撮影はたったの5日しかなかったそうです。

最初の撮影は、夜中のナショナル・ギャラリー。ボンドと初めて落ち合うシーンですね。夜の美術館撮影は素晴らしい経験だったとのこと。
Qを演じてはいても、ベン・ウィショー本人はガジェットを使いこなせないそうで。「僕はi……padを持ってる。うん、iPad」って(爆)メールチェックにしか使っていないとか。
技術的なことは全くと言っていいほど知らないけど、とにかくオタクに見えるように頑張ったそうで。

ナショナル・ギャラリーは無料で入れるので昼間は人がてんこ盛り。劇中ではほとんど人いませんでしたけど、ありないです。そして多分、あの椅子、ちょっと横にずらしているんですよね。あのタナーの帆船の絵はちゃんとあそこに飾ってあります。


その他、ボンドになるためのアイテムや、ボンドみたいな身体を作るには、何を食べてどんなワークアウトをして~という記事もあり。
「Skyfall/スカイフォール」特集イギリスの雑誌Shortlist

インタビューはほとんど一問一答形式なので、とても読みやすいです。既に日本語のWeb/雑誌記事でいろいろインタビューを読んでいれば、重なるところは多いのでそれほど苦にならないかと。

そうそう、ボンドのスタント・ドライバー、Ben CollinsとDB5の欄もあって、あのアストンマーチンの車内ではポテチ(Crisps)が禁止だったなんて小ネタも出てましたvv
あの人達、ほんっとにcrisps好きですよね~。どこにでも小袋売ってますもの…



[amazon.co.jp]ShortList magazine 11 October 2012 「007 Skyfall スカイフォール」 主演:ダニエル・クレイグ 雑誌

関連記事

コメント

はじめまして。
Danielを検索していたところ、たどり着きました。

脱ぐシーンについて何と言っているのでしょうか?
気になります!

>Megさん
初めまして。ご来訪ありがとうございます。

脱ぐシーンについては実際にお読みくださいませ。
時間その他の問題で、和訳を上げる予定なしです(^^; かなり読み応えのあるインタビューですよ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。