FC2ブログ

【007/慰めの報酬】ロイヤル・ワールド・プレミア(2008.10.29)にレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

【007 Skyfall/スカイフォール】ロイヤル・ワールド・プレミア(2012.10.23)のレッドカーペット見学した時の記事&写真はこちら

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[背信]ダニエル・クレイグ、妻レイチェル・ワイズと共に舞台「Betrayal」で今秋ブロードウェイ再びか! 

ダニエル・クレイグが、再びブロードウェイに舞い戻るようです。
しかも、今度は、妻のレイチェル・ワイズと共演で!

Dailymail:Bond and his girl Rachel Weisz to heat up Broadway in Harold Pinter's Betrayal of love and deceit

Daniel Craig and Rachel Weisz are in closely guarded negotiations to heat up Broadway in a play about a wife cuckolding her husband.
The talks centre on the couple appearing together this autumn in Betrayal, Harold Pinter’s 1978 cool dissection of deceit.


作品は、Harold Pinterの「Betrayal/背信」。
三角関係の話です。

登場人物は、夫(ロバート)、妻(エマ)、夫の親友(ジェリー)。
エマとジェリーは愛人関係にあり、その関係に終止符が打たれるところから、最初の出会いまでが時間を遡って描かれます。

エマとジェリーは7年の間愛人関係にあって、途中でエマの夫でありジェリーの親友でもあるロバートに2人の関係がバレるのですが、それでも愛人関係は続行。
浮気を知っていながら明かさない夫とか、親友の妻と浮気しながら自分の妻や親友に明かさないジェリーとか、一筋縄でいかない人間関係。

終わりから出逢いまで時間を遡って描くのが大きな特色になっている作品だとか。

ロバートを演じるのがダニエル、妻でありロバートの親友ジェリーと浮気しているエマを演じるのがレイチェル・ワイズ。ジェリー役はまだ未決定(未発表)。

ダニエルは、ヒュー・ジャックマンと共演した2人舞台「A Steady Rain」でブロードウェイ・デビュー済み。
レイチェル・ワイズはこれがBWayデビューですが、元々West Endの舞台で折り紙つきの舞台役者でもあるので、心配は無用でしょう。


このタイトルは…と思ったら、2011年にWestEndでクリスティン・スコット・トーマスがエマを演じた舞台をalexは観ていました。
すっごく面白かったです。クリスティン・スコット・トーマスが美しく、演技も素晴らしくって魅入られたのを覚えているので、今度はブロードウェイでレイチェル・ワイズがどんなエマを演じるのか、楽しみです。

ロバートの役回りって…ダニエル、どう演じるんでしょうか。


▼ハロルド・ピンター全集に「背信(Betrayal)」収録されています。

[Amazon.co.jp]ハロルド・ピンター (1) 温室/背信/家族の声(ハヤカワ演劇文庫 23)


※諸事情ありまして、コメント欄をしばらく閉じます。コメントを返すのが難しいと書いた直後に追い打ちコメントは、僭越ですがご遠慮ください。閉じずに済むなら閉じたくないのですが、もう対応できません。
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。